スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

やるやらいとのぼうけん 簡単な背景設定

633 名前: ◆BGIOkdJlUs[sage] 投稿日:2014/05/10(土) 23:28:25 ID:FxF67Jwo0
        __
       ヽ|・∀・|/  うーん、見直してみると設定が分かりにくい部分が多いですね
      \[\ ]ノ
    、ハ,,、       単純な背景紹介したほうがいいでしょうか・・・?
     ̄

634 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/05/10(土) 23:29:36 ID:uEQ1KsZc0
乙でした
わかりにくい、とまでは言わないけど、背景紹介は見たいです

635 名前: ◆BGIOkdJlUs[sage] 投稿日:2014/05/10(土) 23:31:03 ID:FxF67Jwo0
        ____ |
      \| | ・∀・|彡  わかりました。簡単な背景設定を紹介します。
        | |  ―彡
        |_|___|   どぞ
        < >

.
636 名前: ◆BGIOkdJlUs[sage] 投稿日:2014/05/10(土) 23:32:00 ID:FxF67Jwo0

           ,,.: ''''""~""'''‐..
        /          \
       / ─‐   ──    \
        / ( ● )   (●)         `、
      ./   /    \         ',
      i   (  人   )            ',
      !   `゙'´  `゙'''''´            |
     \                      ,.'
       >                 /
      /       -----‐‐‐'''"~  \

やる夫


元ジョブ:マジックファイター(魔法剣士)。 現ジョブ:レンジャー。 3人の中では後衛を担当。
元々は多少魔法を使えたのだが、
ゆっくりと契約したために魔法が使えなくなった。(※下記、契約の項目にて)

レンジャーとなってからは作戦や策略を考えるのが得意。
人や魔物の心理をよむ事に長けている。

金に目が無く、恋愛より友情を取る。それに加え、見た目が丸々とした容姿のため、
女性からは好まれる事が少ない。

ギルド本部の受付、水銀燈に想いをよせている

637 名前: ◆BGIOkdJlUs[sage] 投稿日:2014/05/10(土) 23:32:53 ID:FxF67Jwo0

                 ____
              _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
             /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
            //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
           〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
           i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
           l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj
           li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/
           !:l!:ト、l::l{`         !  j川/
           ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/
              Yl:ト、    ヾ==r  ノ/
             iN \.  ` ニ′/}'
              丨   丶、  /
           ノ ̄´"''‐ 、   `¨´¦
        _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
  /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
  |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
 ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥

月=夜神


ジョブ:ウィザード。 3人の中では後衛を担当。
攻撃魔法と補助魔法を器用に使う事ができる。

基本はやる夫が敵を引きつけ、月が大きな魔法でとどめを刺していたが、
やらない夫の参加によって補助魔法をメインに使う事が多い

やる夫とは学生時代の同期。イケメンでありながら、主席ということもあり、よくモテた。今もモテる。
しかし、過去の女性関係の問題により、女性との付き合いは割り切ったものとなっている。

638 名前: ◆BGIOkdJlUs[sage] 投稿日:2014/05/10(土) 23:33:32 ID:FxF67Jwo0

                    / ̄ ̄\
                  /   ,ノ ヽ、_
              |    ( ●)(●)
             |     (___人__)
                  |        、'
                 |       |
                }._\     , |
        .__ __ ,.〈\\>ニニァ´
       /: : < : : : : : : \  /゙i ゙i、
      , ' .: : : : : : : : : : :l: : : .∨',:::::ト|゙i \_
     .{ : : : : : : : :゙i : : :」 : : ::', Y´゙i. |: : : : .\
      |: : : : : : : : :\ : : :\ : ',|::::::i |: : : : ',: : `,
     ', : : : : : : : : : | : : : : : : :.',:::::゙i|: : : : . ',: : }
       (,:/:/ニ`ン---r : : : : : ',::::| : : : : : ',: : ',
        `: ´ : : : :V ,r'二ヽ_: : : : :',:|: : : : : : ',_,rー'、
       {∨ : : :└」_,r' 二 ヽ: : : : ',|.: >< ̄\.: \
       {: ∨ : : : : :」.ゝ-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄: : : : ゙i ム: : : ' ,
         l: : ∨: : : ./: : : : : : : : : : : : : : : : 、/: : : : : : }
        }: : : \ : : : : : : : : : : : : : : : /゛ ̄: : : : : : : :, '

やらない夫


ジョブ:ファイター。 3人の中では前衛を担当する。
元大手冒険者チーム『羅漢』副隊長にして、”パラディン”の称号を持つ。強い(確信)
攻撃もさることながら、特に盾を使う事に長けている。

一撃必殺のブラッディスクライドがあるが、
タメの時間が必要なため、頻繁には使用出来ない。
第一、身体に大きく負担がかかる技なので、ここ一番にしか使わないし、本人もあまり好んで使わない

前チーム『羅漢』にいるときに、やる夫・月と出会い、行動を共にするようになる。
やる夫・月から2つ年上。

ちなみに水銀燈も元『羅漢』メンバー

639 名前: ◆BGIOkdJlUs[sage] 投稿日:2014/05/10(土) 23:34:13 ID:FxF67Jwo0


     r-、ー――---- 、             _ , --ー―――、_,
     ゙i  !:;i!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:> 、__ _,,,< ̄;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:}};:;:/ /
      {_ !:;i!;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;,> '' ";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>,, 、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;//;:;/ !
       { .ノ:;{{:;:;:;:;:;,>'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;> 、:;:;:;:;:;:;:;:/ノ:;:!  〉
     i /:;:;;}}>'";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ:;:;:;:;:;:;ゞ:;:;! '、
     〈 l:;:;,.イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ:;:;:ゞ:;:;:!  !
     ] i/;;::,::;;;::,::;;;;;::,::;;;;;;;;;;::,::;;;;;;;;;;;;;;;;;::',::;;;;;;;;;::',::;0。;;;;;;;;;;;;∧{{:;:/ .イ
     ヽ/;;;;/;;;;;/;;;;;;;;/!;;;;;;;;;;;;ハ;;;;;;i、;;;;;;;;;;;::',::;;;;;;;;::',::;::',::;;;;;;;;;;;;;;;∨   i'、__
        ,',, ,'ニ.,'ニニ/ !ニ.ニ,' ゙、ニ', ゙ヽ、ニ==-;;;;;;;',;;;;;',;;;;;;;;;;;;;;;;;i  /:;:;:{{;:!イ!
        !;;;;;!;;;;;;!;;;;;/イ示、;;;;;;,'  ヾ、イ示不、;;;ヽ、;;;;'、;;;;',;;;、;;;;;;;;;;!ノ;:;:;:ノ:ソr'
        !;;;;;!;;;;i!;;;;/ !-イ;;ヽ;;i     !-イ;;;;;;;;;! !;;;;;ヾ、ヽヽ、ヽ;;;;;!;:;:/;/,ソ
      ',;;;;!、i;i∨` 弋zz汐     弋ZZc汐  '、;;;;;;;!;`ヾ、ヾ、;;;!_r-イ ,,!
        r-レリ/ 〃             〃  >、r-ー―、ヽ!,、, イ;;!
      !==:/         ー―--―‐、      ヽ 三三三/  !;;;;!;;;;;;;i
      i:;:;:;:!       ! /       !       !:;:;:;:;:;:;:;:;:! /;;;;;!;;;;;!リ
      i== '、       ゞ __ ノ        !=====!イ;;;;;;;;!;;;/
     ∠辷ゝヽ、                 ∠辷辷彡イ、;;;;;;;/;/
      レ,;;;;;;;;ヽ;;;;> 、        ___ レ!;;;;;;;;;;iリソ;;;;;;;/イ
       ヾ、ソ;;/レ!、;ソ   ̄ ̄ ̄       i;/ヽ;;i;;;;!リ;;;;/
          "                    ゙リ "

契約


人間や魔族・魔物同士との主従関係を結ぶための契約。
契約には膨大な魔力を要する。
一般的には奴隷に対し、その奴隷の魔力を元に契約を結ぶ。
それには奴隷の無力化も兼ねている。

しかし、やる夫とゆっくりは逆になっている。
元々やる夫はそこまで魔力量が多くは無かった。
それに加え、無理矢理な契約の影響として魔法が使えなくなってしまった。
その経緯はいずれ。

640 名前: ◆BGIOkdJlUs[sage] 投稿日:2014/05/10(土) 23:34:43 ID:FxF67Jwo0

                         / ○ \        ‐―  ○ - ‐
                        /.へ/:\へ.\         , ' ヽ
                       / へ|l||l_^_l||l|へ \         ,    ヾ
      (´( ⌒ ⌒ )     /||.へ|_._|l|/\|l|_._|.へ||\    , '
                  ||  |田|.|田田|.|田|  ||
                  ||  |田|.|田田|.|田|  ||   (´( ⌒ ⌒ )
                  || [_[_〈___〉_]_] ||
    /二二二二二二二二二||;;'   |l|    |l|゙    ||二二二二二二二二二\
  /三三三三三三三三三三||  |田|.|田田|.|田|  ||二三三三三三三三三三\
  二二二二二二二二二二二||  |田|.|田田|.|田|  ||二二二二二二二二二二二
  三三三三三三三三三三三|| [_[_〈___〉_]_] ||三三三三三三三三三三三
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            #;  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |田| |田|;' |田| |田| |田|   |田田| |田田|   |田| |田| |田| |田| |田|
   |田| |田| |田| |田| |田|   |田田| |田田|   |田| |田| |田| |田| ;;|田|
  ⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢ]   |田田| |田田|   [ⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢ
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ '';;              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |田| |田| |田|  |田田|  | ̄ ̄| | ̄ ̄| | ̄ ̄|   |田田|  |田| |田| |田|
   |田| |田| |田|  |田田|  |    | |    | |    |   |田田|  |田| |田| |田|
  ;;          ;;;,,    ii≡≡≡≡≡≡≡≡≡ii     ,;;         ,,..;
  ────────── ii ≡≡≡≡≡≡≡≡≡ ii ──────────
   ̄l´l^l´l ̄l`l ̄l´l^l´l ̄l`l ̄l´l^l´l ̄l`l ̄l´l^l´l ̄l`l ̄l^l´l ̄l`l ̄l´l^l´l ̄l`l ̄

学園


大陸の至る所にあり、大小数多く存在する。そして国が管理している。

大抵の者はこの学園に入り、歴史や学問・戦闘訓練を受ける。
成績の良い者は軍に推薦される事が多い。
推薦されない者は、冒険者として多く輩出される。
そのため、「冒険者養成所」や「軍人選抜所」等と呼ばれる事も。

しかし、そのほとんどの冒険者は魔物の驚異を体験後、
そのまま家業や農業に就く事が多い。

641 名前: ◆BGIOkdJlUs[sage] 投稿日:2014/05/10(土) 23:35:32 ID:FxF67Jwo0

           |\/|
           .|   |
        Y=イ |  |`ヽィ/
      r、___lヘ..  |  |   ./ l___ イ
 ヽ、 .___| \ ヘ  | |  /  / .!____, ィ´
 .〉 `><  .\.ヘ...| | ../ /  ><  〈
ィ= ___   ><..>'"´`ヽ',,><__,, --‐
   ヘ  ̄ ≧‐‐.{     }‐'≦    /
   イ>‐≦´ .>マ   .ノ< ̄≧‐ァ-ヽ
     ./>< / /T.Tヘ..\ .>、ヘ
    <   / / | | ヘ .\  ..>
      |/  ./  .| .|  .ヘ  \|
     /  ./__. .|.ヘ|  __ヘ    \
      ̄ヘ /   .ヽ|  |/  ヘ / ̄
        '              '

称号


ランクA以上の『冒険者』には称号を授けられ、それと同時に国王と契約を結び付けられる。
これは国の驚異となる可能性がある、という理由から法律で決められており、強制である。
しかし、契約内容は「国王に対し直接攻撃できない」という簡単なもの。
契約による身体的リスクは無い。あくまで形式上のものと考えて良い。

過去にランクAの者が中心となり、反乱を起こした事もあったが国軍によってあっさり沈められた。

642 名前: ◆BGIOkdJlUs[sage] 投稿日:2014/05/10(土) 23:36:42 ID:FxF67Jwo0

           > ´i
        > ´:::::::::::|                               > ´i
       > ´:::::.==ニ<l_.             > ´i         > ´:::::::::::|
       ¨ヽ> ´イⅥ  ゞ       !!...... > ´:::::::::::|.      > ´:::::.==ニ<l_
        ∧:::::::j マヘ  ;      .|ト.  ´:::::.==ニ<l_    ¨ヽ> ´イⅥ  ゞ       !!
          }::::ノ マヘ¨      ||...ヽ> ´イⅥ  ゞ       !! :::::::j マヘ  ;      .|ト
        >¨ベ 、i      {¨:」.゙∧:::::::j マヘ  ;      .|ト...}::::ノ マヘ¨      ||
          ,:::::::ヽ::ヽ ヽ      i::::|.   }::::ノ マヘ¨      ||. >¨ベ 、i      {¨:」
       , 7 ¨ ヽ\::ヽ::\     |::::l   >¨ベ 、i      {¨:」゙:::::::ヽ::ヽ ヽ      i::::|
       ,'7::::::::::::ヾ`:.、<ヽ   |::::|......,:::::::ヽ::ヽ ヽ      i::::|. ¨ ヽ\::ヽ::\     |::::l
       i::::、::::::::::::::\ヽ >}   .|::::|..., 7 ¨ ヽ\::ヽ::\     |::::l ::::::::::::ヾ`:.、<ヽ   |::::|
       ∧:::::、:::::::::::ヾヽ::::::iハ 广iⅣ¨}...::::::::::::ヾ`:.、<ヽ   |::::| . ::::::::::::::\ヽ >}   .|::::|
      ∧:::::::、:::::::::::::Ⅵ:::lハ iヽi彡,:::、::::::::::::::\ヽ >}   .|::::|::::、:::::::::::ヾヽ::::::iハ 广iⅣ¨}
.       ∧:::::::::、::::::::::.Ⅵ::::::}トi:::::¨|゙:::::、:::::::::::ヾヽ::::::iハ 广iⅣ¨} :::、:::::::::::::Ⅵ:::lハ iヽi彡,
         ∧:::::::::\::::::::. 、::::l |::::::「 :::::::、:::::::::::::Ⅵ:::lハ iヽi彡,.:::::::::、::::::::::.Ⅵ::::::}トi:::::¨|
          ¨i  ̄¨¨∧::::::::::.、i |::::::ト 、゙::::::::、::::::::::.Ⅵ::::::}トi:::::¨|..゙:::::::::\::::::::. 、::::l |::::::「
          ハ___.∧::::::::::∨ |::::::| !」 . :::::::::\::::::::. 、::::l |::::::「.゙i  ̄¨¨∧::::::::::.、i |::::::ト 、
       ,:::::::::::::::::::::::∧:::::::::::Ⅵ:::::{  ¨ ー.,.¨¨∧::::::::::.、i |::::::ト 、 . __.∧::::::::::∨ |::::::| !」
       7:::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::i.l¨゙゙.l>一<゙__.∧::::::::::∨ |::::::| !」゙:::::::::::::::∧:::::::::::Ⅵ:::::{  ¨ ー.,
.     7:::::::::::::::::::::::::::::::::::ゞイ´ ヾ |..゙,:::::::::::::::::::::::∧:::::::::::Ⅵ:::::{  ¨ ー., :::::::∧::::::::::i.l¨゙゙.l>一<
      ¨i  ̄ ||| ̄ ¨> 、_::ヽ  ∧i..゙:::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::i.l¨゙゙.l>一< ::::::::::::ゞイ´ ヾ |
.       l:::::::.|||:::::::::::::;:::::::::i::∧  .∧ヾ:::::::::::::::::::::::::::::ゞイ´ ヾ |. ||| ̄ ¨> 、_::ヽ  ∧i
.       |:::::::|||:::::::::::::;:::::::::.l::::::ゝー ´゚゚.  ||| ̄ ¨> 、_::ヽ  ∧i゙::.|||:::::::::::::;:::::::::i::∧  .∧ヽ
.       |:::::::|||:::::::::::::;::::::::::j::::::j   l:::::::.|||:::::::::::::;:::::::::i::∧  .∧ヽ |:::::::::::::;:::::::::.l::::::ゝー ´゚゚

国軍


各地から集められたエリートの集団。
冒険者からも志望者が多い。

王都を象徴するように強大な力と存在感を持つ。
厳しい統括があり、国に忠誠を誓わなければならない。

その中でも騎士達の直属としてエリート中のエリート『騎士団』が存在するが、最低でもランクCが必要。
王>貴族>騎士>騎士団>国軍 の順に身分が高くなっている

統率を重要視されるため、大事があっても冒険者が参加する事は少ない。
むしろその期間の冒険者は、参加行為やあらゆる行動を制限される事が多い

643 名前: ◆BGIOkdJlUs[sage] 投稿日:2014/05/10(土) 23:38:27 ID:FxF67Jwo0

.               i
               .傘                           |
              傘傘                          r^t
              .傘∩傘                        ./.:::ヘ
             傘傘傘傘                       .| : :::::|
.    |      . [IIIIIIIIIIIIIII]_____________________________________________  .r".: ::::`i
   .r'^ー--------..i..::::::::::::;;;;i|;;;;::::;:::;::;:::;::::;::::;:::::;:::;:::;::::;::::;::::;::::;::::;::::;:::;ヽ_|.:_;_;;;_;;|_____________.
  /::;::;:::;:::;:::;:::; ::;:;::;;;| ..:::;:::::;;;;;i|;;;:;::::;::::;::::;::::;::::;::::;/|\::::;::::;::::;:::;:::;:::;:::;::;..ヽ.;;;;;:;;:;;::;:;:;;::;:;:;;::;;::;\
 ./;;;;_;.;;;_;;:;_;_;;;._;.;;;:;.;;| ∩ ::::;;;;;/;;_;:;;;_;;:;:_;:;:; ;_;::/\|/\;;;_;:;;_;_;;:;;_;:;;:;_:;;_;.:;ゝ.:-:;:-:-::-::-:-::-.-ヽ
.´|.::::::: ::::::: : :: :: ::: : :;;| ..:::::::::;;;;;i|;;: : : : : : : : : : :[IIIIIIIIIIIII]: : : : : : : : : : : : : :|;.:;ヘ.;: ;ヘ:.: ;ヘ:. :;ヘ.: :|
 |: : i^i: : i^i: : i^i: : i^i| ∩ .:::;;;;;i|;;::i^i::: i^i::: i^i::::||: i'⌒`i: ||..:i^i::: i^i::: i^i::: i^i::|;.:|_j; :.|_j; .:|_j:: :|_j;: :|
 |: : Ll:.:: Ll::.: Ll:.:: L.| . .::: .:;;;;;;i|;;;:Ll;::;:Ll;.:..Ll;: [IIIIIIIIIIIII] ;Ll;;: Ll;::::Ll;;:::Ll::i;;: : ;: .:.; :.: ;.: .:;.. :.; ;.i
 |≡≡≡≡≡≡≡.| ∩...:::;;;;;i|!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i||: i'⌒`i...||;i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!| ≡≡≡≡≡≡≡|
 |:: ::::: ::::::: ::::: ::::: :.:.;;| . ..:: .::;;;;;i|;;: :: :::: : : ::: :: ::[IIIIIIIIIIIII]:: ::: : : :::: ::: :: :...::::|; ;ヘ;.::;ヘ. :.:;ヘ.: .;ヘ.: .|
 | : :i^i: : i^i: : i^i::...i^i| ∩.. ::;;;;i!|;;.:i^i:: :i^i: .:i^i: :|| r'⌒`.i..||;;;i^i:: :i^i: ::i^i:: i^i:..i:..LI;:.:LI: :..Li; ::LI;:::.|
 | :: Ll;;: .Ll;;:. Ll; ::.Ll| .:: .:: :: ;;!i|;;::Ll:;:::Ll;;::.Ll;:::|| | ...l.....i ||;;:LI;; .LI;;: LI;;:.Li,::|;:; .;:. :;..: : ;.:;.: ;.:;;;.; :;|
 |;;:..,,;; ;:,,.: ;::,,.:;. ;;,:.;;i!i::.:.:::..::.;;i!Ii!;,.:::.:.:.:::;.: : .:: : :|| L...|., 」.||;;::...:.::: .:::..::.:.:;.:... ;;.|"` ""`` ""``"""`"
            '''ー----‐:' ''' ' '''' ''''' '''' '::=:/三ヘ =''' ''''' '' '''' ' ''''' ' '''

騎士
騎士とは言うものの名称のみで、自ら戦闘に立つ事は少ない。
王都や都の上層部や貴族※達は皆"騎士"と呼ぶ。いわゆる政治家も騎士となる。

※貴族とはバビロニアの騎士達6人の子孫の親族の事。





ちなみにダディも騎士です。

               +      +
   m n _∩          +      +   ∩_ n m
  ⊂二⌒ __)  +   /\___/ヽ +     ( _⌒二⊃
      \ \     /''''''   '''''':::::::\     / /
       \ \  |(●),   、(●)、.:|  / /
        \ \.|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::| / /
          \  |   ´トェェェイ`  .::::::|  /  騎士でーす
           \\  |,r-r-| .::::://
             \`ー `ニニ´‐―´/   ふふ、かっこいいでしょ
             / ・    ・ /
            ダディ=クール(42)

644 名前: ◆BGIOkdJlUs[sage] 投稿日:2014/05/10(土) 23:38:53 ID:FxF67Jwo0
.    __
    ヽ|・∀・|ノ  とりあえずこんなものでしょうか?
    |__|
     | |    ここを詳しく知りたいとかあれば教えて下さい。

645 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/05/10(土) 23:44:44 ID:uEQ1KsZc0
ありがとうございます

大陸には王国一つしかなくて、主に対魔物のためにギルドや軍が存在してる感じだろうか
魔物の支配領域とかあるんですかね?

646 名前: ◆BGIOkdJlUs[sage] 投稿日:2014/05/11(日) 00:09:45 ID:T4ih6lco0
>>645
そうですね。冒険者は魔物の討伐以外にも、民間人が調査や馬車の護衛等を個人的に依頼したりします
軍はあくまで国が管理しているので、田舎のほうは冒険者頼みみたいになってますね
「たすけてくれー!」と言われても、
その地域を受け持つ軍 「まず国へ連絡してそれから助けるか決める」 と返ってきます。
かなりのお役所仕事ですね。

魔物の支配領域・・・というよりも、その種族の支配領域といった感じです。
「あの森は○○の住処だから近づくと危険だ」
みたいな感じですね。それがあちこちにある感じです。

魔物といっても種族が違えばナワバリ争いするように仲悪いです。
すこし知能がある魔物だと、「人間に手を出すと危ない」という感じで隠れて住んでたりします。

648 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/05/11(日) 00:18:21 ID:jEsU.xnY0
>>646
なるほど、ありがとうございます
だいぶ中央集権な感じなのか……

魔物にもいろいろあるんですね。魔族との違いは、人間に対して友好的かどうかってとこか
今後の話の展開で、明らかになっていく部分とか楽しみにしてます

650 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/05/11(日) 00:34:43 ID:IkLSNIRI0
状況的に水銀燈やL夫妻も落命しちゃったのかな

651 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/05/11(日) 00:35:50 ID:zkG171KE0
乙でした。過去の振り返りではなく、ヒロイン死亡の後の復帰を描くとは…びっくりしたわ。
ドラゴンは過去にはバハムートとかいう一匹だけで、今回で二匹目かな?どこから湧いてきたんだろうな。
冒険者Aランク以上の義務を見ると
「めんどくさいからBランクだぜ!」
がリアルにいそうだなw

652 名前: ◆BGIOkdJlUs[sage] 投稿日:2014/05/11(日) 00:38:01 ID:T4ih6lco0
>>648
最初の方で説明してますが、>>14 >>15
「魔族」と「魔物」の違いとは人間が勝手に言ってるだけみたいなもんです

653 名前: ◆BGIOkdJlUs[sage] 投稿日:2014/05/11(日) 00:44:14 ID:T4ih6lco0
>>650
死んでないっすw
ドラゴンさんは都に向かわなかったので、バラライカ達は会わなかったんです。

>>651
うーん、ランクの紹介もしときますね
ちょっと待って下さい・・・

654 名前: ◆BGIOkdJlUs[sage] 投稿日:2014/05/11(日) 01:18:38 ID:T4ih6lco0

                            ____
                          /\  /\
                         /( ●)  (●)\
                      f'r/´⌒ヽ/::::::⌒(__人__)⌒:::::\
      _,,.. ---- ――_= =={{(    |     |::::::::::|    _|_______
 _..-''"゛ _、ー''""´´´´´     ``=`--、.|     |;;;;;;;;;;|   │::::::::::::::::::::::::::::::::│
 ゛ _、ー''"                  \    `⌒ ´ .   │::::::::::::::::::::::::::::::::│
  /                      ヽ           │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                          |            \::::::::::::::::::::::::::/
                                         \:::::::::::::::/
                                         \__/

冒険者ランク


ランクはA~Fまでの6段階。
ランクは冒険者にしか付けられず、軍人や騎士はランク付けの概念がない。

A 王都や貴族でも知ってる人がいる。戦力だけでなく、
  歴史的な功績(重要な遺跡の発見・解明等)をあげると昇格する

B かなりの腕の持ち主。ほとんどがCランクになると騎士団に行きたがるため数は少ない
  BになるにはCから、「何か功績を挙げる」と「Cになって3年」の両方必要になる
  軍人にすると隊長~中堅クラス。ばらしーもこのへんです。

C 騎士団入団資格の最低ランク。ルーキーでもずば抜けた能力を持つ者がいても、
  しばらくBには上がれない。なぜなら、マグレで功績を挙げたり、「Cのまま生き残れるか」というのを確認するため。

D 冒険者登録時(年に3回)にあるテストに合格するか、何かそこそこの功績を挙げるとEからDになれる。
  ちなみに軍もDからしか受けられない

E 最初はここから始まる。学園卒業者はほとんどここ。

F 職に就けない、どーしようもないのでとりあえず冒険者に登録した者は、何も功績を挙げる事が出来ない。
  それが長い間(5年)続いた者や、同じく5年カードの更新に来ない者はFにされる。

A>超えられない壁>B>強くても年数が必要>C>(軍から見下される→)>D>E>弱い魔物にも勝てる>F


ランクAは特別で、国から直接言い渡される。
ちなみにこれを回避しようとすると冒険者登録を剥奪されることもあるため、
嫌々ながらもみんなそうしている。

カードもランクAだけは特別扱い。
普通、ナンバーは4桁から始まるが、Aランクは1桁から始まる。
なのでやらない夫も歴代103人目のランクA取得者となる。



できできは地方でテストに合格したようです。




元スレ
やるやらいとのぼうけん






関連記事


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yarucombox.blog.fc2.com/tb.php/296-11f9a36d


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。