スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

予告:【バリスタ】珈琲店タレーランの事件簿

530 :名無しのやる夫だお:2014/04/13(日) 18:22:03 ID:w7A.HqL.0



┌──────────────────────────────────┐
│                                                  │
│                                                  │
│     ――――良いコーヒーとは、悪魔のように黒く                 │
│                                                  │
│              地獄のように熱く、天使のように純粋で            │
│                                                  │
│                     そして恋のように甘い―――――――         │
│                                                  │
│                                                  │
│                     シャルル=モーリス・ド・タレーラン=ペリゴール   │
│                          [フランス、1754-1838]            │
│                                                  │
│                                                  │
└──────────────────────────────────┘




.
531 :名無しのやる夫だお:2014/04/13(日) 18:22:20 ID:w7A.HqL.0


┌────────────────────┐
│京都府下随一の繁華街からほど近く        │
│                            ....│
│細い通りにひっそりと構えられた門の前に   ...│
│                            ....│
│そのお店はあった。                ....│
└────────────────────┘




(;ノ";";~);;/  (ヾ ;";(;;";)
     ((;ノ ;;;";"ヾ';''ヾ;( ̄```' ‐ .、._,,
             (;ノ ̄```' ‐ .、._,, ̄```' ‐ .、._
            ヾ人);;;::::::.......    ̄```' ‐ .、._"'ヽ
              |(;ノヾ;;;::::::......          ヽ ヽ
              | (;ノ;;;::::::......           ヽ,..;;'、
              |((;ノ;;;::::::......           , i.;:::|
              |(;ノヾ;;;::::::.......         /二二二二二/i
              |((;;;;:::::.....,           |  純喫茶 ;;| |
______________,,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l       |: タレーラン..| |
__|__|____|__,,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l;;;   |_____;|/
_|__|__|__|_| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l   |:|∥.;:| |:| ∥
__|__|__|__,,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l ,|:|∥.::| |:| ∥
"""'''           """'''~  """'''" ""'''"""'''"""'''"""'''"""'''

532 :名無しのやる夫だお:2014/04/13(日) 18:22:35 ID:w7A.HqL.0


:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| ̄|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| r√入.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::|| |{ (5).:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||└ヽУ.:.:.:.:.:.:.:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||_|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.||              |:::::||.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.

533 :名無しのやる夫だお:2014/04/13(日) 18:22:52 ID:w7A.HqL.0

        {{ ̄ヾ  , - ' ´     ヾミ={ ィtュ}入ァ=、 ヽ
      _}}ヘr=/            Yヽ _ ィノ ノ i
      i<イri ノ        ヽ    ;, `tr''´ - '´  l
    r==YKニン   ';,       \    ';,  ̄〃\ ,'
    廴才彡'' /   ヽ       'i   ',;, -'´ ';, ヾ、
     /У  i     ';,     i  l __ム    li ハ ヽ        いらっしゃいませ。
    /   i   i!     ,, \  i  'i,´il   升`  i! ;i ヽ ';,
    il  l   i!     {{  \,;i  'i, |   川i    | ,;| ';, }.       私、当喫茶のバリスタを務めております
    ヽ i   i  /  ヾ;, ';,  !  ,;iィ,ーイケミ、  / ,i  i ,ノ
     Vイ   ',     _〃zュ、 l  ノハ::rilj...:i 小 ;/  l //        切間美星(きりまみほし)と申します。
     //ゝ   ';,  r=≧>ーァュヾ/  レz::ソ /川レ'  V/
.    // ヽヾ   ';,  i {フr )y/イ      ̄  ノ┤il  /∧
    i i   \ヾ、 ';,ミ;ゝ辻ニ/   '   ノ  イ.ノi! } //  ヽ
    l l    ヽ ー''´ /八ヽ{{    ̄   // / ノ;, i i   ';,
    ヾ;,    }   ハ     ̄`)>`⌒/{  /<⌒i:l |    ';,
      \    i    / ̄`つ/ニ化≦ i  ir''´ イ i ヽ    i
       \;,ノ    _/    } //><ハYヽ \  マi,, \ ,;;'
        /∧ヽ  {    У⌒`´⌒´`⌒{ ̄ヾ  }\  \i




        ./=={廻!=---------、_ .,-、_!‐i
        / ∥≧´         `''i行ミil /`''i
       i /'./           ヾ彡F!ヽ, `i
       ..l/ /  /   l ..l   i l    ̄ii`il i .|
      .i l .l  l  l  | l   |i l i  . l''.| | |
       li .l | .l i/i |  li .|i  li. .l |  .. | l | .l
       ! .ll,_!、fャ、| l /i .l i、| /i .l .!   / l l .l      さて、本日は
         ゞ! !lf凾}.,i.! !'' ,-i'た-、'i、 .! /i  l | .l |
         ! lF彳´   ゙弋:夕.y/ /  ! l | l l l.      どのようなご注文でしょうか?
       ./i , .! " '   "''ヾ// / / ! l | l l .l
       //i  l冫7‐--  // /_/=--!、.! l .l .l |.      ブルーマウンテン?キリマンジャロ?
      / ,!/l / ,/ ゝ-==/ /./`´    ! ! !.l .l |
    / // / ,/``>、f= l !l /      .! l `i .l l.      それとも―――――?
  / /  l  !、 '_´-‐l,x l /       \ ! .! l--、___
 /  /  .l  l `i  ..<`x .l l         \! \l_`'''`‐
..!  /   !  l、 ∧  .i>,  l |          .|\ 、、ヽ

534 :名無しのやる夫だお:2014/04/13(日) 18:23:08 ID:w7A.HqL.0




  ┏━                                          ━┓
┏┛| ̄                                             ̄|┗┓
┃| ̄                      第一章                           ̄|┃
┃|                                                    |┃
┃|_                 事件は二度目の来店で                     _|┃
┗┓|_                                            _|┏┛
  ┗━                                          ━┛





535 :名無しのやる夫だお:2014/04/13(日) 18:23:25 ID:w7A.HqL.0

            ―― 、
         ./      \
        .'   __ ノ   ゝ.__ヽ
       .l   ( ー) (ー ) l
       l    (___人___) l
        .l      `--´  l.            切間バリスタの珈琲は
          .!          !( ((
          ヽ          ( ( ヽ) ホワ~ッ     芸術的とも言える味ですね。
          ヽ          ¦ヽノζ
         .__>/癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|       こんなにおいしい珈琲に出会えるのは幸せです。
        /⌒ /‐''"_, -ヘ|      |
      {   /   ´  _,,厶ヘ       /
     / ./      _,)ヽ___/
     (  /      _,ノ    |ヽ   }




      __     _
    / ̄>t=ヘ_/ムイ-
   /   イ{し}V≠  ̄  ―- __  _
  ./ />┬そ__     == ⌒しイ¬キ―‐、
 / 〃 t(⌒´  ̄     ̄ __,.. {{ 乃ノ i ハ
/   {し_)     /  i          ヾ一;、/ | ,
   ././ / / 〃     ハ | i  ∥ ヽ ノイ  ′ !
  // , ,  ″: | |i  Ⅵ| |∥ ,  ゙, ∨ /  j|
/ .イ | | ∥||| || ,..⊥l | |∥  | i ' /|   〃
   | | | ∥|l| | {f'´|メ | |∥ |! l/ / |  ||     まぁ、アオヤマさんったらお上手なこと。
   | 八 ∨{ ィrァミくヾ  イ | |∥ |! / /, i| l|
   ヽ |ヘ、トヽいYレ'ノ  ノ/ |_l_/jノ /  i l  l|     これからもちょくちょくお出で下さいね。
    | 「ヽ!ヾ二 イ     ミ、、_ ノ/ イ i|  l
   イ | ヽヽ  ::::  l    ::: `゙゙=ミ / /|  |   |
 // .| ヽ \    !ーァ   ::: /:///| |  |
 __/イ .\   \ `´    ,イ⌒ア^〉 / |   |
K⌒Y´  }-、,-、__}>r-ァ´ ̄ / /// | |  |
| ヽjし  >-、_ 7―、`/      ノト |┌ 、|   |

536 :名無しのやる夫だお:2014/04/13(日) 18:23:44 ID:w7A.HqL.0

            / ̄ ̄\
          /_ノ  `⌒ \
    _     .| (● ) (⌒ ) .|
    | !    | (__人___)   |
    | !    |  ` ⌒ ´    .|      もちろん、言われなくても
    | !   ,.-,|          |
  ._,ノ ┴、/ ,/ .|        /.      機会があればお邪魔しますよ。
  .r `二ヽ ) i ヽ        /
  .|  ー、〉 /   〉      <.        では、失礼します。
  .|  r_,j j / ̄   '' ̄  ⌒ヽ
  .|   ) ノ/ {       ィ,  }
  ノ   ,/   |         |{  |




  l  Y/               il     l
  l (( l     i     l       l    つ
  l   l     l l     l l l l l   l    っ
  l  l  l  l l l  i   l  l_斗十 i  l
  l  l  l  l l l  l  !  l _l__- l  ll i   l
  l  l l l  l i l_,r、__ l l   ィf:::::: dli  l 7   l
  l  l l l  l f<ム<  i-′  ハ:::::::::リl l /l  i  l
  l  i l l l !-  i シ      ゞ彳 l/ i ll  l  l       えぇ、ぜひ。
   l l l l l ミ i l'´  ' __  u  // i l l  l  l
   y l  ll   )) 、.   ` ´  .イ. l  l  ! l  l  l
    l l  _.-‐-、__  `  - イ   l-rァ l l  iノ
   l l `}. \   `- 、  i l r-イ l/‐  ̄ ̄ ̄ フ
   l l   l-- 、   l  ⌒  l  ´   ノ   // .
   l l i` トィ--!‐~ ___ ~i: irー -r-----i'´__ .       ……あ、アオヤマさん。傘をお忘れですよ。
   l l  i   r‐ '´___r-、 \ |:i.__.. 、__r-‐'''´~ 7
   l l  l   ノ ´ r┴‐:、\-!´           /
   l l  l  `-i  `r--、` i i    l     l
   l l  l /   l_ r |r‐ ⌒- l \  l     l

537 :名無しのやる夫だお:2014/04/13(日) 18:23:59 ID:w7A.HqL.0

              / ̄ ̄ \
          _ノ  ヽ、_   \
          (●)(● )   |
          (__人_)     |       おや、すいません。雨が止んでたので忘れていたようです。
          '、`⌒ ´   U |
           |          |
           |        {.       ……ところでバリスタ、これが僕の傘に見えますか。
           ヽr`ー- -=´ <
        /⌒'' ー─,,    \
        /          ィ }
       ノ   /       | |
    /   `ヽ i:        | |
   (__.ィ´ヽ,ム、〉i        | |
      / ゝ/ / 7-、
    ヽ/ / / /'Y

538 :名無しのやる夫だお:2014/04/13(日) 18:24:18 ID:w7A.HqL.0

┌─────────────────────┐
│                              ..│
│そこに残されたのは、真っ赤な傘だった。    ......│
│                              ..│
└─────────────────────┘





                       /〉
                        //
                       //.}
                  / //
                   // /
                    / //
               // /
                / //
                 // /
                  / //
              // /
                / //
            // /
              /O=/
          // /
            〈〈/レイ
          /〉
            //
        ((_ノ/
       `¨´

539 :名無しのやる夫だお:2014/04/13(日) 18:24:38 ID:w7A.HqL.0

       _,. ───-- 、  、_
    )、/´          〈ィ今r=ー
   }Lfy'         ヽ  /ハ/ ̄ ` ヽ
   /Y'  / /         }i ヘ     !
  ./ i{  |  '   !   i |  |   i    |
  ! |   ! |   ハ  /| ! ハ   !    !
  ト、i   |ヽト、  i }/r;}ル1〉!  ハ     |
  ヽNヽ ト!r yト、!  ゞ彡=、  / i   !ト、
   !  YくY〈{`     /////  i  |i   |\ヽ    ……よくお似合いですよ?
   ヽ  | 「T`   ー一   { r  ヽ    ! | !
    }' ! |公ァ ___r-yイ jリ、  |i    |
    | / ! / /了爻イ !   ーァ|!    |
   / {  /  i r'ー弃一k   〈    i  |
   / |   _/ 〉     〉、  \  |  !
  ./  !  /}  7ー'^ー'^ヽ!' i rj |ヽ i  |
  '  /| 〈 /「/       \| | rくノ ハ |




           __
         /     \
        /  ノ  ヽ__ .
        |(―) (― ) l      なにが悲しくてこんな真っ赤な傘を持ち歩かなきゃいけないんです。
        l (_人_) u.|
.           l   `⌒´   |      しかし傘立てに残っているのはこの一本だけ……。
         、      /
          >     <..        まいったなぁ。あれ、お気に入りだったのに。
        /        l
.       / l  ,/  / .!
       (_)  (__ ノ  |
       / /   _ノ
       !、_!、____つ

540 :名無しのやる夫だお:2014/04/13(日) 18:24:55 ID:w7A.HqL.0

                 ___
         >ζ斗 ´  ̄_,.== ̄ ミγ卅ヾ√ハ
        γ弋ヌ_ミ、、     _ _,..弋乃ヲ ,′ ∨
        / /(⌒         ̄  ~ ))〈 〈    ∨
         〈 /し、))             ((  ヽヽ  リ
        ソ  ,′  ,′ ,        ヾ / /   !i
         / ′/ / ハ   ト,  i!      i i   i!
      イ/  i  i ,′乂 | !i! i! |       | |   i!
        |{   i! i! i!((  j i jハ, j! |   | , i i   i|       申し訳ありません。
      从  i! ムル')) レイ/ __}ヘ斗,′ ! j ', 、   i|
        !ハ  ノ! {Yイrォj′  ,、__,j/  / '  } j   i|       私どもの管理が至らなかったせいで。
        Ⅵハcぅツィ    ´ ̄    / /  / ∧   iト,
         `从(~  、   xx ((、〈 ,'  ,/ /    i  ヽ.
           j ))、   、   ,._)厶-メ-く{ i     ハ   \
          ハi  \    /       \ 、
           j    >ァ'          \ヽ




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__).       や、あなた方を責めるつもりでは。
  |      |r┬|}
  |      | | |}        傘の取り違えなんてよくある話じゃないですか。
.  ヽ     `ニ}
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、

541 :名無しのやる夫だお:2014/04/13(日) 18:25:14 ID:w7A.HqL.0

         ,, -‐'''″ ̄`ミ`{.{@yiゝゝ
   _,,,,i=η/       ヾ、`ヾ、)) l `'i
  ,//,i<迴'j   i    , ゝ \. (( .i i  !
  l l / // i i 7 .i   ヽ,ヽヽ i i l l ハ `!
  l i  / i l l l .i| |   i i i ,ハ il i i ,ヽ !
  l i i l , l. ! |i|i l i i l i l l ハ7i i l i ゝ,.`'i
  ,i i l l ! i ヾ i l \i i lハi i i l ノl | i l  .l }      しかし、お気に入りということは赤色が好きなのですか?
. // /i| | i | i l_.,,((、ii、 |il! .だ``'i.7 l l|  .'y l
//,'´ i\\ヾiFッミ''シi   弋__沙7 //i ./ ./.      取り違えを疑うということは、似ていたということでしょう。
イ .,/′ヽゞゞ≦汗彡'  ,   .// li | / /
  /,,_   }li ゝ、i, ))    。   . lil .li l i ,l .{
 l    7 i! !i)..ゝ..,_.   ,./il  il \\\
    ノ i/ //-‐'′κ,`"- >ヾ ! >.-‐'ゝゝ\
   /''" ~´ ,/ | k>っ>b, ,,.,ciyi)-ゝ    \ヾ
   7ζ  _ / l ξl lゝ、 . /l .! i l     iゝ`l




              / ̄ ̄ \
           _,ノ ヽ、,__   \
           (●)(● )    |
             (_人___)   U  |
              '、       │    ……いや、言われて気が付きましたが
       <二ニヽ        |
       ./-‐   `i 、 ___,. イ      僕のはモスグリーンの傘です。
     {/´、     ',┐    \
      しrヽ    V      ヽ    この傘には似ても似つきませんよ。
        ヽ、_   ヽ   ィ  }
           \  \ ノ  i

542 :名無しのやる夫だお:2014/04/13(日) 18:25:32 ID:w7A.HqL.0

              .ノ     _ , _`´ヽ ,、 , - 、
            _ _ |_ , - ´    ̄` >(x )_,,- ヾ、
           /ノ|l /_`      ̄/=|l `| 、 |`、
          /_ /ソヘ,   , ,   、  \ ソ|.| | | .|
         .| |l /|/  |  | | 、 ヾ\ `y ハ|  |、
        ノ|  |ヽ|  .|  .| |  ヽ \| / / |l 、ヾ`、
        /./   ) ヽ |l| | ソ .|ハ .|___.ソ | .八 \\)
       / ||l   ノ |l |  | |ヘ、,ソレヾ__ _ヾ| .| /  ノヾ、\ヽ     考えてみましょうか。
      .|  |l   ||/ || /テアヽ `´ イ::..::ハ |l  | || 人 ) |lノ
       |  |lソ /  /、 >=刻ソ   弋;;ソ .|  .| | |l |レ       アオヤマさんのお気に入りが取り戻せるかどうか。
       ` /  |  |l>ー、 xxx     xxx/ハ  |l ヾ|l +|
        /   ヽ、 ハソ , >、._.` ´  i´てノ、 |   \ |
       //  |  |ゞ、 Y、ヽ、<ヽ ` ´<>)⌒( ヾ .ト 、   \
      l| | | .|  \ソ=<ソ`ア<,  >  及| |ヾ    ヽ、
       |ゞ、\ |l   y ̄` -=-, 、_ , 、ノー´ ノ |l  |ヽ   |ヽ




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }      取り戻す?どうやって。
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l

543 :名無しのやる夫だお:2014/04/13(日) 18:25:48 ID:w7A.HqL.0

       _,. ───-- 、  、_
    )、/´          〈ィ今r=ー
   }Lfy'         ヽ  /ハ/ ̄ ` ヽ
   /Y'  / /         }i ヘ     !
  ./ i{  |  '   !   i |  |   i    |
  ! |   ! |   ハ  /| ! ハ   !    !
  ト、i   |ヽト、  i }/r;}ル1〉!  ハ     |
  ヽNヽ ト!r yト、!  ゞ彡=、  / i   !ト.、     モスグリーンと真っ赤な傘。
   !  YくY〈{`     /////  i  |i   |\ヽ
   ヽ  | 「T`   ー一   { r  ヽ    ! | !     単純な取り違えということはないでしょう。
    }' ! |公ァ ___r-yイ jリ、  |i    |
    | / ! / /了爻イ !   ーァ|!    |       しかもそれは新品のようです。
   / {  /  i r'ー弃一k   〈    i  |
   / |   _/ 〉     〉、  \  |  !      ではなぜ傘が入れ替わったか、ということを考察してみましょう。
  ./  !  /}  7ー'^ー'^ヽ!' i rj |ヽ i  |
  '  /| 〈 /「/       \| | rくノ ハ |        その結論次第では、取り返せるかもですよ?




┌──────────────────────────┐
│これが、彼女と僕の最初の事件となった。           ......│
│                                     ...│
│そして、これからしばらく付き合うことに端緒とも言える。    .│
└──────────────────────────┘




544 :名無しのやる夫だお:2014/04/13(日) 18:26:05 ID:w7A.HqL.0




  ┏━                                          ━┓
┏┛| ̄                                             ̄|┗┓
┃| ̄                    第二章                       ̄|┃
┃|                                                    |┃
┃|_              ビタースウィート・ブラック                   _|┃
┗┓|_                                            _|┏┛
  ┗━                                          ━┛





545 :名無しのやる夫だお:2014/04/13(日) 18:26:19 ID:w7A.HqL.0

/ /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ\
.  /: /: : : : /.: : : : : : :/: : /: : : : :\: : : : : i  '.,
 /: /: : : : /: : : :_,: : :/: `メ-――--、ヽ: : : :|   i
./ ;イ.: : : :/:/ ̄: : 〃: :/  \: :_: :.i: : : :.!  |/
' /|: : : |": : : : //:./ x=≦云¨゙》、!: : : :|  |:ヽ
i/ |: : : :.|x=≦云/; '    Kノ }   .}: : : ;'   ヽ
  |: : : :.《 Kノ:::}   ,  `¨¨~´ /.: : :∧         だーかーら
. 八 : : : ヽ ゞ¨~             /.: :/.: :ヽ
    \: : : \       i ̄ヽ   ,/:/: : : : : :i        リカの話を聞いてお兄ちゃんはどう思ったんです?
  /: : ` =―-≧   ヽ-‐'   /: : : : : : : ヽ
. /_,.z=ヽ_: : > .、 _      ,ィ: : : : : : : : : : : :\
/:::::::::::::::ヽヽゝ\: : :.「 ==<.|: : : : : : : : : : : : : :       
:::::::::::::::::::::{ | {   ̄\ _   .」: : : : : : : : : : : : : :
:::::::::::::::::::::{ | {    zェェェュ、二、 \: : : : : : : : : : :
::::::::::::::::::ヾ} | }    〃   ,イハ¨゙ヾュ、 ̄Y´, ̄ヽ




┌─────────────────────────┐
│彼女は小須田リカ。僕の母方の遠縁にあたる。       ...│
│                                   .....│
│親の仕事の都合により                       │
│                                   .....│
│人生の大半をアメリカにて過ごした帰国子女だ。        .│
│                                   .....│
│この春、京都の大学へ進学を決め日本に帰ってきた。  ......│
└─────────────────────────┘




546 :名無しのやる夫だお:2014/04/13(日) 18:26:35 ID:w7A.HqL.0

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. | u.   (__人__)
  |     ` ⌒´ノ      あーうん。
.  |         }
.  ヽ        }       リカの言うとおりじゃないかな。
   ヽ     ノ
    i⌒\ ,__(‐- 、      
    l \ 巛ー─;\
    | `ヽ-‐ーく_)
.    |      l




.  < /: : :/: : : : : : :l: l:.l: : : :.ヽ: ヽ  ', , -‐'´
  /: : :./: : : : : : :/l:/∧: __: :.ヽ:.:ヘ l'´!
  ,': : : :l: : : :_/ /'/'' ´ヽ 、`:l: : :.! !:.l
. l'l: : : :l: : ´/ / / ,ィェュ-、`l: : /  l:.:',
. lヽ: : : l-'´,ィョュ /   弋::リ /: /.※ l: : ',
    \:.ヘ `弋ツ      ̄ //    l: : :ヘ
     l`ー`-´  ' _   '´/: l    !: : :.∧       やっぱり浮気ですか……。
     l ※ ゝ、  ´    / |: l ※ !: : : :.∧
.      l   l: : :`' ー- ,'´ /´l   /: : : : : ∧
    /l   l:,、r-、-'´l' /   l  /`ーィゝ: : ∧
.   /: l ※ l:〉ノ,.ィ=示ミ、_ / /r‐'ノ`´ヽ: : :∧
   /: : :l.  l〈《  //ijヾ、¨¨リ! l ノ l´:::::::::::l: : : :∧
.  /: : : :.l  lノ.ゞ彳/.ij ヾ∨/l lノr'´::::::::::::::!: : : :.∧

547 :名無しのやる夫だお:2014/04/13(日) 18:26:49 ID:w7A.HqL.0

               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (●)(●) |
.             | u.(__人__) .|.     あー、リカ。
        r、      |   ` ⌒´  .|
      ,.く\\r、   ヽ      ノ      そのあたりはともかく、僕に何かできることはなんだい?
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ      何か頼みたいことがあって僕を呼んだんだろう。
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
            `ヽ、   /'  |
               `'ー'´




         /: : : /: : : : : :ト、: : : \: : : \ \   \
      /: : : : /: : : : : : :|  \: : :.ヽ: : : ヽ ∨    \
      .: : : : : i: : : : :/: :/x=≠ミ _:\: : :i  |  , イ ̄
       i: : : : : l: :_/: :/〃{::::::r}》  }: : : : :}  !/: :.|
.       i|: : : : : 「_/ル′  ゝ-'  /: : : : /  |: : : : |      ずばり、明日の祇園祭で
.     八: : : :.∧示、       /: : : /  i: : : : :|
        \: : : :.ヾ'",       ∠  イ    /: : : : : |      お兄ちゃんにボーイフレンドの浮気調査をお願いするです!
        >―-ゝ <: ̄ヽ     |   ∧: : : : : |
         ノ: : : :.\  ヽ_ノ     |  /  \∠!`ー、 __
       /: : : : : :/ ヽ、    /: |   |   / |  |   /-、
.       /: : : : : : :/  /: >‐<:.\ |   |  /   |  |  ,/:::::::::::\
      /: : : : : : :/  /: : :,::イ  ̄厂 |   |/    |  |  /:::::::::::::::::::ヽ
.     /: : : : : : :/  /: : :/::::ノ_ /  .|  |     |   l /::::::::::::::::::::::::
     i: : : : : : : i   |: : :.|_::,ム \_ ,!   |二二_ー 、  У::::::::::::::::::::::::::
     !: : : : : : : l   |:.r'/ ̄´   冫_!   |ヾx\二ソ   `L::::::::::::::::::::::::

548 :名無しのやる夫だお:2014/04/13(日) 18:27:03 ID:w7A.HqL.0

   ┌─────────────────────────────────────┐
   └─────────────────────────────────────┘
   ┌───────────────┐
   └───────────────┘
   ┌───┐
   └───┘



     / ̄ ̄ ヽ
    /      ヽ
   /        ヽ
   |     _,.ノ '(ゞ、_|
   .|    ( ー)ヽ ヽ          という訳なんです。
   .ノ| U   (___人_\\__
 /  |     `⌒(⌒_   \      何が悲しくて、宵山に張り込んで探偵まがいのことを……。
 {   .ヽ.       し「、    \
 {   ト `ヽ. ___´ノ  ヽ、    i    だいたいそんな時間もないのに。
 .|   |       |  /   /

549 :名無しのやる夫だお:2014/04/13(日) 18:27:16 ID:w7A.HqL.0

                     ___
           ,_rォ、 ,  '´ ̄   , ィ_" ̄ヘ
.            ,r{イヘ〉        〈厶ソヘ \ `r
          {  ソ¨´/  l ',  \ .トトゝ l  l  |
           | / / /_│ l-+-- ', ', ', l  l  |
           l .| l ト!ry.ト、/,斗‐r、l l  l | ノ }         では、行かずに済む方法を模索しましょう。
.         /  l |、くY〈{`  |::.::: l .l  | | / / /
.        ノ,-,-,-,-/ τ`  ヘ:::ノノ,-,-,-,┐| 〈
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄L.L.Llノー‐t._, ----イ_/!_l_j_」 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




              / ̄ ̄ \
           _,ノ ヽ、,__   \
           (●)(● )    |
             (_人___)   U  |
              '、       │      どうやって?
       <二ニヽ        |
       ./-‐   `i 、 ___,. イ        今一度、リカを説得するとか?
     {/´、     ',┐    \
      しrヽ    V      ヽ
        ヽ、_   ヽ   ィ  }
           \  \ ノ  i

550 :名無しのやる夫だお:2014/04/13(日) 18:27:33 ID:w7A.HqL.0

     _)-―¬ニニ¬ 、r、}rヘ
     /   ,′  ´ ̄、`Y  l
   /    /   、    l くハ |
   ,′ , l !   , |  、 |  l l|
.   l  | | | /| ∧__ハ| | | |
  | |  l | ¦l7/斗‐r、 | | | |        リカさんの恋人が本当に浮気者なのかどうかを
  |∧ |Nヘ、!/ ==、〉 ,′l|
  ´ ハjミYシ′  ::::::::: /  /  l| \       検討してみましょう。
   / lト《ヽ、 ー一  ,イ  /   l|   ヽ
.  /  l  l | }≧≦‐ | ∧   ヽ}  `、    .簡単な議論で探偵業務を放棄できればもうけものでしょう?
  l  /  / {^ーメ‐┤ | |\   `ヽ、 l
  |/ / rく_∠__」 「ヽヽ \_ l ! |




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ⌒)(⌒)
. |  u  (__人__)
  |      |r┬|}      まぁ、やるだけやってみましょうか。
  |      | | |}
.  ヽ     `ニ}       僕が知っている範囲のことをお伝えします。
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、

551 :名無しのやる夫だお:2014/04/13(日) 18:27:51 ID:w7A.HqL.0

   ┌──────────────────────────────── ── ─
   └────────────────────────── ── ─
   ┌──────────────────── ── ─
   └──────────── ── ─
   ┌──────── ── ─
   └── ── ─



                      ,,-
         _       __  {i  _r─ 、-  _
        {{ ̄ヾ  , - ' ´     ヾミ={ ィtュ}入ァ=、 ヽ
      _}}ヘr=/            Yヽ _ ィノ ノ i
      i<イri ノ        ヽ    ;, `tr''´ - '´  l
    r==YKニン   ';,       \    ';,  ̄〃\ ,'
    廴才彡'' /   ヽ       'i   ',;, -'´ ';, ヾ、
     /У  i     ';,     i  l __ム    li ハ ヽ
    /   i   i!     ,, \  i  'i,´il   升`  i! ;i ヽ ';,
    il  l   i!     {{  \,;i  'i, |   川i    | ,;| ';, }
    ヽ i   i  /  ヾ;, ';,  !  ,;iィ,ーイケミ、  / ,i  i ,ノ     ふむふむ。
     Vイ   ',     _〃zュ、 l  ノハ::rilj...:i 小 ;/  l //
     //ゝ   ';,  r=≧>ーァュヾ/  レz::ソ /川レ'  V/       その謎、たいへんよく挽けました。
.    // ヽヾ   ';,  i {フr )y/イ      ̄  ノ┤il  /∧
    i i   \ヾ、 ';,ミ;ゝ辻ニ/   '   ノ  イ.ノi! } //  ヽ
    l l    ヽ ー''´ /八ヽ{{    ̄   // / ノ;, i i   ';,
    ヾ;,    }   ハ     ̄`)>`⌒/{  /<⌒i:l |    ';,
      \    i    / ̄`つ/ニ化≦ i  ir''´ イ i ヽ    i
       \;,ノ    _/    } //><ハYヽ \  マi,, \ ,;;'
        /∧ヽ  {    У⌒`´⌒´`⌒{ ̄ヾ  }\  \i

552 :名無しのやる夫だお:2014/04/13(日) 18:28:10 ID:w7A.HqL.0





.   _______________________________
  |┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓|
  |┃                                              ┃|
  |┃          【バリスタ】珈琲店タレーランの事件簿          ┃|
  |┃                                              ┃|
  |┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛|
.    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



公開日:スレ立てる勇気ができて、エタらない自信ができれば。





553 :名無しのやる夫だお:2014/04/13(日) 18:28:38 ID:w7A.HqL.0
以上、お目汚し失礼しました。

554 :名無しのやる夫だお:2014/04/13(日) 19:32:09 ID:F0NMFw0g0
乙でした。
原作のタイトル知っていたけど
こういう感じの話だったのね。

すごく読んでみたいです。

555 :名無しのやる夫だお:2014/04/13(日) 20:10:40 ID:Vj8dV.2E0

面白そうだな
自信は後からついてくる!勇気を出すんだ!


関連記事

[ 2014/07/07 00:00 ] 【予告風】 予告風 149 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yarucombox.blog.fc2.com/tb.php/640-6ff1e389


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。