スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

宣言:やる夫はイカヅチの御子と呼ばれるようです

324 名前:システム ◆hh4F2FkVUA[] 投稿日:2014/08/30(土) 14:45:24 ID:0E8NaKuw0 [2/31]

、:‐'             _.,,,;..__,".゛ ............;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;...`゙゙ '''''
  ._,,,.. i..-            ".┐...../ ;;;;;;;;;.... -ー.-==..i..;.‐‐-....l¬''''' .-―.
‘,゙v='´     ...、J-彡-ー'.....;;;;;;;;;;;;  ;:、;; :!;;;;/;..,ノ';.   ;;;;、;;.............'''-
'"゛ . _..-...゙´. ‐'~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;        !"  .゛  . /    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`...-、
.,./ ´;;;;;;:;:ー...;;;;;;;;                             ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;’
;;;;,,. シ";;;;;;;;;;;;;.,..- 、              、   、    ... "'\.   : ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:
ヾ,i".;;;;;;;;;;;;; ;;>''''''ーニニ`-“'  / ,. , i .` ヽ  ゝ ...l    . ゝ ゙、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:
..---―;;;;./ ,.;;;;;;;;;;;;;;;;;.....;:   ./ .,《 .l .,! .j  : '、  .l .′  ;;;;;;;'、 ゙ゝ-'゙'-、iィ==ニ∴
,,,_._./ ´- 、.,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.  .." .,i/ .i゙ .′";;;;.ゝ .l;;;;;;ヽ l ;:.;;;;;;;;;;;.\,,, / .;;;;;;;;;;;;;;;
   .''-、.;;;゙'-ミヽ........ -‐'フ’  l/ !;:;|  |:;;;;;; :、 l.;;;;;.ヽ ヽ .;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,ン'゙
     `''ー、.,,゙゙''―-'''";;;./ . ,i}゙ .|;:;!  |;;;;;;;;; .l ヽ;;;;..\ `ー. 、;;;;;;_,、.. -ー'"
          ´゙'''-- ./  / ...l .|;;|  l;;;;;;;;;;;. ゙,  l:;:,_iii、\,  ゝ 、
.. ''=ッr ...      ./ /,,_,ニト レ゙  l;;;;;;;;;;;;;; .l ..l.;:;. ..._.`''、. `''-、''''';;";'";″
 ...;;;´゙'″;;;;;~''ー.. ./ /.____,゙;;'l゙ "  /.i_---ー.゙  l`゙.='゙´.‐ー_\   .l:;:;;._,;.‐
.´  .- ..,,..,;:;;.,.. --゙  ./ ;;;;;;;;;;;;;;.!   ./ ニ........ --.|  . ! '?¬;';"´.;;;;; !  .l゙‐''
.`~_`゙゙゙゙゙゙゙ /     ,i";.,,,,,,,,,, /   ..;;;;;;;;;;;;;;;;;;; |   |,;;;___,,,.. ―' !   .l
_.   ´゛/      l..~"..丶.../    .ヽ....;;;;;_,,,,.. !   .|  _,,,,,......! .、 .\丶
;;;;;;´;"゙ /    .,i  /.i=rx 、,,,/     ゙'/"'''''".... 、   .l .´゙;;;;;;;;;;;;;;;;. !  ゙li、 .\.
;;;;;;;;;;. /  ...l / |  l.;;;;;;;;;;;/        ヽ;;;;;;;;;;;; |   l ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;..l  . l\
;;;;;;;;./  .,/. l.;; | .l゙;;;;;;;;;;;;;|,   .|     .ヽ;;;;;;;;; .l,   .l ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; !  .l ;..ヽ
 / . ,,/;; l゙./;;:.l゙ !;:;;;;;;;;;;;; !   ./   .i,   ヽ ;;;;; ヽ   ゙'v ;;;;;;;;;;;;;;;;.l   .! ;;;;;゙′
´  / ;;,i'゙,i";;: l /;:;;;;;;;;;;;./  ノ/.,、  「L  .゙'i;;;;;;;;;;. ヽ   .l .;;;;;;;;;;;; ! .|l  ! ;;;;;
../.;;;;./ .l゙.;;;;;./ ,i";;;;;;;;; /  i". !/..}  .!;;;\, ,!;;;;;;;;;;;;; .,!   l ;;;;;;;;; ! ,/;.!  l ;;;
";;;;;;. !  !;;;;./ ./ ;;;;;;;;;.,r'″ :!;;;,「| l  l゙;;;;;;; ! l ;;;;;;;;;;;; l    .l ;:;;;;;l゙ ./.;;;: !  |,;:;
;; ,./  ││,/.;;;;;;;;; !    lノ゛ !,;.! !;;;;;;;; l | ;;;;;;;;;;;; !    .ヽ ;;;.l .!;;;;; !  l
../   ./;; l .! ;;;;;;;;;; /  ./ヽ  |彳 !;;;;;;;; !.l ;;;;;;;;;;;;;;: !      ゙'、;:.l !;:;│   .!
  ,/;;;;;;丿 ,!;;;;;;;;;; /  ./ ;;;;;; !  |;.! .|;:;;;;;; ! ! ;;;;;;;;;;;;;; .ヽ   〔'、 .l l ゙l;;;;.l,   ′
-",,,,,,,/、./.;;;;;;;; ,/  ./ ;;;;;;;│ ,!│| ;;;;;;; .| | .;;;;;;;;;;;;;;; l    ! ヽ.T  !;;;;;..l
../  / ゛,!./.;;;;;;; ./   .l ;:;;;;;; |  .!;;:.! `j;;;;;;. l,.! .;;;;;;;;;;;;;;;;; .l   }:;..l,  .l.;;;;;;;...l
" ./ ;;;;; ! l ;;;;;; ./  、  ! ;;;;;;;}  !;; l | ;;;;;;..l¨゙| ;;;;;;;;;;;;;; .}   .,!;;;;.′ !;:;;;;;;;; .!


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  「電気」――それは本来なら、雷のように
  大規模な自然現象でしかお目にかかれない筈の物。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

.
325 名前:システム ◆hh4F2FkVUA[] 投稿日:2014/08/30(土) 14:45:38 ID:0E8NaKuw0 [3/31]

   @―@
  /ミミヽ\
  @ミrA=Aツ@
  V彡゚Д゚)/
  @/つ つ@
  /⌒⌒⌒⌒ヽ
 / ⌒( ゚Д)|
< ⌒⌒ (ノ )ノ
 \____ノ
    ∪∪


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
                                       エネルギー
  神話や伝承においては、「天罰」に例えられる程強力なチカラ。

  本来なら、人間が触れるのもおこがましいパワー。

  だが、しかし――

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

326 名前:システム ◆hh4F2FkVUA[] 投稿日:2014/08/30(土) 14:46:13 ID:0E8NaKuw0 [4/31]

          _Y_
            r'。∧。y.
         ゝ∨ノ                            ,,,ィf...,,,__
          )~~(                         _,,.∠/゙`'''t-nヾ ̄"'''=ー-.....,,,
         ,i   i,                        ,z'"    ̄ ̄ /n゙゙''''ー--...
         ,i>   <i                       r”^ヽ      く:::::|::|:::〔〕〔〕
         i>   <i.                     入_,..ノ ℃      ̄U ̄_二ニ=
`=.,,ー- ...,,,__  |,r'''"7ヽ、|  __,,,... -ー,,.='             >ーz-,,,...--,‐,‐;;:'''""~
  ~''':x.,,  ~"|{ G ゝG }|"~  ,,z:''"                     ___
      ~"'=| ゝ、.3 _ノ |=''"~      <ー<>         /  l ̄ ̄\
        .|))    ((|        / ̄ ゙̄i;:、      「 ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| ̄ ̄ ̄\
             ))|       r'´ ̄「中] ̄`ヾv、   `-◎──────◎一'
                   ├―┤=├―┤ |li:,
                   |「 ̄ |i ̄i|「.//||「ln|:;
                   ||//__|L_」||__.||l」u|:;
                   |ニ⊃|  |⊂ニ| || ,|/
                   |_. └ー┘ ._| ||/
                   ヘ 「 ̄ ̄ ̄| /


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  現在の人間はその電気の力をいとも容易く使う。

  そして現状の社会において、電気に関連した技術は
  あらゆる分野で欠かせない物となっている。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

327 名前:システム ◆hh4F2FkVUA[] 投稿日:2014/08/30(土) 14:46:36 ID:0E8NaKuw0 [5/31]

                                    _,,,、-ー'''7 ̄ \
                                   /  ......../     \
                                  / ____,   ! ((_))   ヽ
      ____________              ! !三!:i   ! `´r、((_))
   /|:: ┌──────┐ ::|             i !三!:!   !   | ヽ`´ !
  /.  |:: |            | ::|      _  __  / 7ゝ!三i;j  |   !__〉〉 |
  |.... |:: |            | ::|     〃}>) )`'ー/_/:ゝ=ソ-ーヽ  ─ 、  !
  |.... |:: |            | ::|    〃 / / /     7)i | 〕二(( \_  /
  |.... |:: └──────┘ ::|    テ'′/ /    /:/:i |二二二7ヘ>r、
  \_|    ┌────┐   .|     ヽ_.ノノ    / /´¨γゝへi i|>r、示> 、
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       7´`''-、__ノノ....:::::{(0)ンi i|に)//| |>≧ァ
                          /   /´|ヾ三≡=ゝソ〃;i i|ソ//;;| |))7 /
          []               /    :/  | |ヘ|i1!| ∨i!| ̄;i i|]/∧;;| |´/ /
   _____「]               /    :/   .| |:::|i1!| ∨i| ;;i iレ∧;;;;| |:/ ∧
  /______ヽ
  | |       ||
  | |      ||                           ,._
  | |      ||                         / ⌒ヽ
  | |      ||                         /,, ''″⌒}
  | |      ||                        / ″  .:.:.j
  | |      ||                       /″  .:.:::::::/
  | ~ ̄ ̄ ̄ ̄~ |                     _∠._  .:.:::::/
  (⌒!二二二!⌒)      _  __  -ュr⌒iニニ ̄'二フ ,、:::::::::リ`_ー- _ ,,. 、
  |⌒ ⊂⊃  ⌒|    Tf(__)____ ̄_ { `7__ ,, ___/´/:::::::::::/     ̄,{{__リー- .._ , 、
  | О (_O_) О |    ¨ゝタリ --- リ-' ̄L._//__//ニ7 .::::::::::::/ーリ‐l7‐; 7_.イ- r、_ /ゝクー- ,
  | ①  ②  ③..|               ″ | /  .::::::::::/  ̄'' ̄リ´  ″ ̄リ¨ ゝ''´ ̄ ̄
  | ④  ⑤  ⑥..|         r-― …   ̄ 」  .:.::::/- .__
  | ⑦  ⑧  ⑨..|           ̄ ̄  ―- t_,.-‐'"´ ̄ ̄
  | 〇  〇  〇..|
  ゝ_______ノ


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  家具、機械、交通網……etc

  現在の電気技術の柔軟性と応用性たるや、想像もできない程である。

  現代の生活の発展は、電気関連の技術の成長と共にあった
  と言っても過言ではないだろう。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

328 名前:システム ◆hh4F2FkVUA[] 投稿日:2014/08/30(土) 14:46:49 ID:0E8NaKuw0 [6/31]

          ____
        /      \
       /  ─    ─\
     /    (●) (●) \
     |       (__人__)    |
      \      ` ⌒´   ,/
      /         ::::i \
     /  /       ::::|_/
     \/          ::|
        |        ::::|  キュム
        i     \ ::::/ キュム
        \     |::/
          |\_//
          \_/


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  そんな重要な、電気に関連する学問。

  「彼」もまた、その一翼を担う若き人材である。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

329 名前:システム ◆hh4F2FkVUA[] 投稿日:2014/08/30(土) 14:47:08 ID:0E8NaKuw0

                     ____
                 /     \
               /  ⌒  ⌒ \
              /   (●) (●) \
              |     (__人__)   |
              \_    `⌒´  _/
             /         ヽ
            /  /        |
            \  \        |\
             (JJJ)       |JJ)
                ヽ       |
                 /\  \/
                く  /  /
                (_/ヽ_⌒)


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  彼の名前は【 やる夫 】

  この国のとある最高学府において
  電気について学んでいる途中の学生である。

  学業成績はともかく、容姿は下の下。

  彼女いない歴=年齢 の、ごく普通の不細工な男子学生をやっている。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

330 名前:システム ◆hh4F2FkVUA[] 投稿日:2014/08/30(土) 14:47:28 ID:0E8NaKuw0

        / ̄ ̄ ̄\
        /        \
     /   ─   ─  ヽ
      |   (●)  (●)  |
     \   (__人__) __,/
     /   ` ⌒´   \
   _/((┃))______i | キュッキュッ
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /_________ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  不細工なりに勉強を頑張り、いくつかの論文を発表。

  研究室での立場は悪くない。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘




       ____
    /      \
   /  ─    ─\
 /   (●)  (●) \
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  不細工過ぎて、就活面接での第一印象が最悪。

  学士四年生だが無い内定というのが悩みの
  ちょっとだけお先真っ暗の学生である。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

331 名前:システム ◆hh4F2FkVUA[] 投稿日:2014/08/30(土) 14:47:49 ID:0E8NaKuw0

                  ___
       ,r'"´「jヽ     /     \
        /   | | ゙,   / ─    ─ \
        l l | || |  ! ./   (●)  (●)  \
       ! 」」_」 |」/ |      (__人__)    |
         | |   \     ` ⌒´     /
        (ヨ r ) /           \
          !   ∨  イ        ヽ  i
          \    /.|           |   l
           ` ‐´ l         l   |
               !        ,rrソ_ノノ
               i     y  //  Tト、ヽ
               |      i   」_L _丿 Lll
               |     |  |U ̄^i  .:j|
                   l     l  |   | _ __.,!
               ,!    ,!   `ー┬‐─ '
              (____(_____)


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  そうして、不細工な事以外はそこそこ順風満帆な
  やる夫の学校生活も終わりを迎えそうな、12月末。

  やる夫は、学科棟の大掃除に駆り出されていた。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘




          ____
        /      \   ,,,,,,,,,,,,,,,,,
       /  ─    ─\  i!i!i!i!i!i!i!i!
     /    (●) (●) \[___]
     |       (__人__)    |  //
      \      ` ⌒´   ,/  //
      /         ::::i \//
     /  /       ::::|_/と}
     rつ、/        ::| //
    /=ニ=、        :::::レ/ キュム
    { ワックス }     \ ::::// キュム
    ヽ__/\     |:://
          |\_////
          \_/ ~


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  自分が長らくお世話になった学び舎に
  敬意を示すべく、掃除に精を出す。

  研究室の掃除を終え、さぁ次は倉庫だ!!と意気込みを入れる。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

332 名前:システム ◆hh4F2FkVUA[] 投稿日:2014/08/30(土) 14:48:04 ID:0E8NaKuw0

.      /  ̄ ̄ ̄\         ┃|
      /     . . : : : :\         ┃|
    /       . . : : : : : :\       ┃|
.   |         . : : : : : : : :| .       ┃|
    \_    . : :〃: : : :,/         ┃|
     /⌒` . . : : : : : : :`ヽ.      ┃|
    / . . . . : : : :..: : : : : ,: :\   ,rっ┃|
.   / . : :/`: : : :..::: ::..: : : :i\: ::`≠⌒⊇ |


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  そして倉庫に入り――

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘




                  /lニニニニ二二二二二二二二二二Eヨ二二二二二二二二二二ニニニニ∧
               / /                                              ∧
                  / /                                               ∧
               / /                                                ∧
            / /                                                  ∧
           r'―――――――――――――――――――――――――――――――――――',
           ,' l                     _,.ィニ==イニ三三三三三}}                       l ',
           ,'  l __       ,r,====={三{三三i三三三三三ニ}}.              __      l  ',
          ,'   l(( ̄`7ュ==彡'  } l´`l |⌒| l゙ ゙̄l`l⌒l―-----<´ .____     ,r=ヘ'⌒ヽ>x  l  ',
         ,'   {二{´ネミ/二二|⌒! {=} |: . | |: . | .|: . |____}='´ {ニ}_x>r=ヘ'⌒\r=ヘニ}ニニニニ}二}   ',
         ,'   r‐、斥ミ/,rニニニ|: . ! |: . | |: . | |: . | .|: . |-‐'''´,-=r=ヘ'⌒\f ヘ , ‐=‐ミ、二{二}ニニ)二)    ',
         ,'   /⌒ムニ/!'::::::::::::::゙○':::::○' ○' .(二) ゙○三f´`\ヘ,r=ミ,r=ミ,r/  rニニニl―ァ二二}}}}}}}}}}}   ',
        ,'   ./  i ミ}{_{:::::::::::::::::::::::::::::::::r―f ̄ ̄ ̄ ̄l:i:i:i:}\f´`\::::::::}{:::::/r=ti  レ=フニ二)__),r=≪.   ',
        ,'   ⊂ニミ、<=====(ニ ̄{ 二|三二三二l:i:i:i:}=ニ≫z. \>'´  .|三|  ,r=彡<  ,r< {;.;.;.;.;.;.;.{.     ',
        ,'   ⊂ニ´ニ二二二∠ニ∠ニ二二二二二二二二)∠三三三ネ{_}_____Ll  ノノ /.三}`}ヽf´;.;.;.;ヽ   ',
        ,'   (                                           )⌒//´゙ヽ三}_,} };.;.{;.;.;.;.;.`ヽ  ',
       ,' ∠二コ=―-.tz―――‐ァ ――――― 、――――――┬――――――''''^ヽニ二ソ ̄ ̄ ̄ヽゝ==<}.  ',
.     ,'  f==-'´  (≠)   ̄二ニ´,x-―――――- ミ二ニ> 三三三| ; ,    . : : : . : ; ;   , ; ; ; ; ; ; ; ,x≦´ ̄ ̄ヘ  ',
.     ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨
      ∨       ,{二二}、         ___        rニニニユ        ___      ,{二二}、        ∨
.       ∨      { {ー‐ '} }           {   {―-、     {(ニ)}     , -―}   }     { {ー‐ '} }      ∨
       ∨      ー=―'         ー―ー-、`ー――――――‐' ,r―'―‐ '      ー=―'      ∨
.         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ー―――――――'  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  工具・小型機械・回路基板・製作物、等を整理――

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

333 名前:システム ◆hh4F2FkVUA[] 投稿日:2014/08/30(土) 14:48:18 ID:0E8NaKuw0

                 ||
       ____      .||       , ⌒ 、
     /⌒  ⌒\   [i || i]   ―    )
    /( ⌒)  (⌒)\/ ̄ノ/ ̄ノ    ゝ- '´  パタン
  /::::::⌒(__人__)⌒:::::\./  /..       .||
  |     |r┬-|     /  /_____||
  \      `ー'´    /  /―――――‐||
   ノ        ⌒ _/    =     ||
  /           / ̄.――――――――||


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  細々とした研究用の部品を、棚に収納し――

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘




                   n
                   l^l.| | /)
                   | U レ'//)
      ___      ノ    /
    / ⌒  ⌒\  rニ     |
   / (⌒)  (⌒)\  ヽ   /
 /   ///(__人__)///\ / `   /
 |       `Y⌒y'´    |   /
 \.       ゙ー ′  ,/  /
  /⌒ヽ   ー‐   ィ  /
  / rー'ゝ        /
 /,ノヾ ,>         イ
 | ヽ〆          |


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  自分の仕事は一段落だ、と一息つきながら
  掃除が終わった後の、飲み放題の忘年会に想いを馳せる。

  そんな不細工なやる夫に、唐突に「声」がかけられた。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

334 名前:システム ◆hh4F2FkVUA[] 投稿日:2014/08/30(土) 14:48:43 ID:0E8NaKuw0










     \ ヽ.,_      、    /   /  j  }     、 !  \
`ヽ \   ヽ _二ニ=一    __ /   /,. ≦ ,     ’. l    \
_/ ヽ.,_> ..,_ \   \           イ///  ハ__,.     '/      \
      /`ヽ iー   >―--―‐≪ /// ,. ≪ i     /、       \
___ /    ゚j.  j!      / ///,   /  /{   /  \           ”‐Ires-・-nekkah-・-owiketuoyh-・-eraW-”
             }.  ハ       > ´ / /≪   i       ’.
.     __    人_  _,..  ´    /i/     ∧         ゚.           【『異界召喚』|『この場』|『彼』|『一昼夜』】
r―≦=Yニコrf´ ニ=-――‐ァ―‐  T/        ∧       }
 / ,.≪Yf⌒≧xく.    }/   ,.イ/          ヽ       }
. {. /ノ {/i     Y f′  _,.ィ      />-=ニニニヾ//ヽ   ,  ,.z
ヽ {.  ∧l  _,. <.  ,. ≦       /        ヾ//ヽ /{_
ーァ===‐≦、     /       >            ヾ//} Y
.ノ -―  Y j.  ,.イ      , ≪             <}//{ if
.        j/ /j'    >≦                 Y/,} ゚.
   _,.   ´ /  ハ  /                     ]/}二7ー


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  「声」は、そう宣告したように聞こえた。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

335 名前:システム ◆hh4F2FkVUA[] 投稿日:2014/08/30(土) 14:48:55 ID:0E8NaKuw0

                             _
               ____       l⌒! /(⌒)ヽ
             /      \     l l  ー'/.ノ
           / ─    ─ \    l .j   l i
          /   (〇)  (◎)  \  `´   `´
            |      (__人__)     |  ○   ○
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  そうして、やる夫は「そこ」に召喚された。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

336 名前:システム ◆hh4F2FkVUA[] 投稿日:2014/08/30(土) 14:49:08 ID:0E8NaKuw0

           ,                      /;;;'''';;;;/
           \                   /;;/' :;;;/
            ヾ ,                /;;;'/ :::''' :;;/
             |;;;.|              /;;;;;;/''::'''' ;;;;;|
            |;;;;|'     ,_       /;;;;;;;;/ ....::::'''';;;;;|
            |;;;;ヽ ,_  ヽ;;;ヽ,,   /;;;;;;;;;/.;:,..;'''   ;;;;;|
            |;ヾ;;\ ヽ;;ヽ  \;;;ヽ、/;;;;/;;/..:;;;''''::.... :;'';;;;;|
            \ヽ;;;;;\ゞ;;\, |;;;;;/;;/|;;;;;;/ :::::;;;  '''''''';;;;;|
             |;::' │/;;///;;;;;;;;//;;;;;/..::'' ''''''' :::;''''';;;;|
       ,    // //''::::::;;;;(;;;;;;;;;:::ヾ/;;;;/....... ::: ''' ::::: ;;;;|
     /|  ,,;;/;;;;;/;/::(::;:(::::(ヾ,;;;;;;ノ;;;;;/ヾ':::..... :::::...... ::::;;;;;|
    /;;;;|'  /;;/;;;;;/../;;;;;;;;ヽ;;;;ヾ;;;)ヾ...;;;;へ| ..::::::;; '''';:::,,,,   ;;;;;|
    /;;;;;ヽ-//::/::::/;;;;;;ヽ;;;;;);;;;)::::);;| ;;;;;ヘ ヽ    '::::...... ヽ;;;;  :ヽ,
   |;;;;/ヾ:;;;;:::.... ;;;(;;;;;--;─ ̄)__  );|:::;;;;|ヽ\::     ..''';;;.... ;;;;;;;;;;;;\
   ////,,,;;;;;;;:::::...,,,.__;- /  /  ヽ丿;;;;;;| 、  :::;;::......; :::::;;;;;;/    ̄ヽ
 /''' ヽ-ヾ/》;;;;;::__;-  / / ̄ヽ;:/ :;;;;|:::: :ヾ   :: '::. :;;;;|     /
 |,-::-;;⌒ヽ》;;;;/ ̄   //- ̄ヽ/..::::;;;;/ ''':::::..;   丶::... ;;;;|    //
  丶  '   /;;/    |:;/  ̄ヾ/....::;;;;/|...::::;;... '';;.. ヽ \:...;;;;|   |;;;;|
   ヽ;;;ヾ;/     /- ̄ ヽ(:::;__/:::::::::ヽ;:  ''''';;;;;:: ;;:''' ::;ゝ;::;;ヽ  ヽ;::ヽ
     ̄       /ヽ/''' ::/  \ヾ--ヽ:::,,,,, ::::::,,, ''''''';;;;;_;;;;;;|  |::::ヽ
 .           |  |∠ ̄''/..;.ヘ, \,;::|;;:;;;;--──:::;;;;--  ヾ;;\丿;;;;;|
           丿ヽl''''V''V ̄:::::::; ...;;;ノ/  //  ,/  /|  ,,/;;;;;;;/
 .         /ヽ__ヽ-─ヽ::;;;::::;::ヽ__/ヽ-/;;;/_/;;/_/;;;;-'''''';;;;;;/
         /''ヽ/ 'ヽ/ ヽ::::::::::/::::;;;;;;;;;ヽ::;;::::;;;::::::;;-:::::;;;;:::::;;:,,,,-'''
        ノヾ-/   ヽ/ ヽ::::::/::;;:::;;;;;;;;:::ヽ:;;;::::::;;:::::::;;;;:::::;;;-'''
      // ̄ゝ    ヽ\ ヽ(:::::;;''':::::::::::ノ:::;;;::::;;;;;;_;;;--''''
      《《_ゝ'        \ /|ヽ;;::::::::::;;;;;;;;;;'''''''''  _,,,,,
                 |::::\/::(::::::::::;;::::::::::─ ̄;;''''/
                 |::::::::;;::::;\:::::::;;::;;;;;:::):::::::::|'
                 ヽ:::::::::::::::;;::ヽ--''' \::::: \_/;
                  ヽ:::::∧:::::;'';;;|    ''\::::::::::::/ ,,
                    ̄  'ヽ\ヾ    ヽ;;;;;:::::::-'''''
                         ̄       \:::::<__
                                  ヽ-''


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  地球においてはおとぎ話となっていたドラゴンが闊歩し――

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘




     *'``・* 。
        |     `*。
       ,。∩      *
      + (´・ω・`) *。+゚
      `*。 ヽ、  つ *゚*
       `・+。*・' ゚⊃ +゚
       ☆   ∪~ 。*゚
        `・+。*・ ゚

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  どんな問題でも、魔法が鮮やかに奇跡で解決してしまう。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

337 名前:システム ◆hh4F2FkVUA[] 投稿日:2014/08/30(土) 14:49:20 ID:0E8NaKuw0

                                i._._.._ _ _ _ _ i
     . ... . . .::..  :.                   i._ _ _ _ _ _ _..i                .:: ..'...:⌒`  : .: ..,,
''"'';:;,.,.,       . ... .                  i_ _ _ _ _ _ _.._i           .: ...:::⌒` ''
  ,.;:.,..,;:;:;:,.,._, ...,,,...,,,,,,,                   i _ _ _ _ _ _ _ .i           .: .....:   ...:.: .: ⌒` .: ..:.: .: .
    ,,,......,,,,,;:;''"                   i_ _ _ _ _ _ _ _ i          : ... : .  .:  .  ::: ....::.. :  .
''""''''"       ... . . :    .[ ̄]          i____._  _i        .[ ̄] ` . :. .;;,  .:;.   .  .  .:
   :.:..  ..  . . .. .. ..     |ilil|         i_/ __ \_i        |ilil|      .'' ' 'ー '''  '' ―
                   |ilil|        / /|ll|\ \          .|ilil|      . :..   . :.  .. .
  , ⌒ヽ . .. :. .:  [ ̄]    |ilil|      .((l))/r=.|ll|.=,,\((l))        |ilil|    [ ̄] . .... .. .:.:.:..:.,.;:;::'''"
 (    '      .|lilil|    .[_] /il i.ニ.i.r.l. | ||ゞヾll|ll|llソ<.|| |/il i.ニ.i.r.l [_]    |lilil|   _...:;;:''"'"
  ゝ     `ヽ    |lilil|      |ii.|ゞ_ノ.liil. | ||ゞヾll|ll|llソ<.|| ||ii.|ゞ_ノ.liil      .|lilil|  .,;: _...
(⌒         .|lilil|      |ii.|二ニ|iil. | || ヾili |ll| iliソ...|| ||ii.|二ニ|iil      .|lilil|     .....,,,,,;:;'''"'''
            .|lilil|       ヾ|.|.|.|.|iソ...| || ゞll.|ll|.llソ_ || |ヾ|.|.|.|.|iソ      .|lilil| ,.,;:;:;:;:;'''""""""
''゙゛ `.`       ..: [_]         ノ_i_i_i_il |=.|| _ _ゞ|ll|ソ  .||.=| ノ_i_i_i_il         [_] ''.,;:,.'""""'''''''::::;:;:;;
    .,            /   `ー--'´ [三] ―――― .[三]`ー--'´ ヽ           .,
′     ::"           |∨ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l       ′     :"
.゙ ''、:,.  , :::__ ::::::::::_,_:: :   .| \  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::  /| .゙''、:,.  , :::__ ::::::::::_,_:::::
  .″  .`  `゙'-.::"       |   \_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_/ .|   .″  .`  `゙'-.:"
                    |       ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄     |


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
                      ファンタジアース
  そんな、魔法と幻想の世界――異世界へと召喚されたのだ。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

338 名前:システム ◆hh4F2FkVUA[] 投稿日:2014/08/30(土) 14:49:37 ID:0E8NaKuw0

        ____
      /     \
     / _ノ  ヽ__  .\
   / (○)!i!i(○)   \
   |   (__人__)  u    |
   .\   )t-ツ     /
    /   ⌒´      \
    \_(__)      i\(__)
     |          |

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  突然でワケの分からない事態に、頭がついて行かないやる夫。

  そんなやる夫に、その場に居た少女が説明をする。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘




              ,イ‐┐ }          .ヽヽヽ  ヽ__.{ {ヽ}\
              乂- 'ノ         ,.  -┘ ̄     .ヽ ヽ7./
            /,ヘヽ      ,> <      _ .r 、  < ̄ `}.V
           ., ./ .∧∨  ><     > __ ̄ ヽヽヽ  ヽ  ∧.i
          /.'   ∧∨'    , < __, <  `ヽ、_ -┐ ヽ /.,イ.!
         , ', '     ∧∨, -/    .|      ヽ.   \`ヽ.ハ.|
        , /     ./ ,l< , '      |       ヽ   \ 丶.l
      . //      //  /       .|       .∨   \  \
      ././     ./   ./ _ 、    }─‐テ,ヽ─-i-∨  __ヽ  .\
     //     , '    /-イ /廴斗 、 ノ   .iヽ ヘ ̄ V__> 'ヽヽ 〉   .ヽ
    .//     /     ヽ/ .八 ./ {_.  \ 、ヽヽr 斥.ハ .}  ヽ|'    .ハ
    ., /     .〈___    i'    孑う::::: }   }.ハ  ハ:':::::::/`! i   ,ヽ ̄ 丁 ヽ!
   ./,'     ./ ヽ{ i 丁丁!   ∧ 乂>' -- '__ノノ. `─ ' / .|  /, .∨ }--'
   ., /      / / ヽ `,!`-ヽ、   ゝ、    i      /ゥ | 从  ノ 人ヽ 、
   i i     / ./   ノi   ゝ、_ `ヽ        r--' / ,/ ,/┐'  ヽヽ 、
  .| |    ./ ./  , '      ヽ ` 十!  ⌒    >- '- ' ノ / .|ヽ、 .ヽヽヽ
  .| |    / ./  /         .ヘ  |.> _  <-ィ./_>ィ' |ヽヽ |  ヽ  ヽヾ 、
  .i |    / /  ./'    ____ ハ .ヽ .ヽ ̄ ̄ / ̄厂.ハ | |   ヽ  ヽ  .ヽ ヽ 、
  .}-}  ./ /  ./    ./      `>、ヽ .ヽ , 、./ ./ ./────--- 、  ハ  ヽ ヽ
  └┘ /./   / ,> <           ヽ ,  ̄.!ヽ'            i 、  }   ヽ
   i  .\   /                人 __ノノ              \ノ    ヽ


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  そう、「やる夫を召喚した」少女が説明する。

  やる夫は、この「ファンタジアース」にとって必要だから
  地球から異世界に召喚したのだと。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

339 名前:システム ◆hh4F2FkVUA[] 投稿日:2014/08/30(土) 14:49:50 ID:0E8NaKuw0

           / ̄\
             |    |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \
        /  ::\:::/::  \
      /  .<●>::::::<●>  \
      |    (__人__)     |
      \    ` ⌒´    /
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  かつての日本人――【オプーナ】という男が
  「日本語」で書いた手記を読み解いて欲しいのだと。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

340 名前:システム ◆hh4F2FkVUA[] 投稿日:2014/08/30(土) 14:50:05 ID:0E8NaKuw0

       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  迷った末、OKを出したやる夫。

  色々と試行錯誤したが、「ファンタジアース」に骨を埋める覚悟をする。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

341 名前:システム ◆hh4F2FkVUA[] 投稿日:2014/08/30(土) 14:50:17 ID:0E8NaKuw0

   ┌──────────────────────────────────────┐
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   └──────────────────────────────────────┘

               ┌───────────────────┐
               │                                      │
               └───────────────────┘
                        ┌──────┐
                        └──────┘

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  そして、その後のやる夫の様子といえば……

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

342 名前:システム ◆hh4F2FkVUA[] 投稿日:2014/08/30(土) 14:50:43 ID:0E8NaKuw0

      / ̄ ̄ ̄ \
    //     \\
   /  ( ≡)   ( ≡) \
   | ///  (__人__) /// |
    \__ `ー ' ___/
   /    ヾ、 //  \ ヽフ
   ヽ_⌒)ハ //   | レつ||)
  i⌒l ミ゚Д゚,,彡⌒)  ヽ_ノ  ̄
  |  | ヽ__"" ヽ_ノ|  |
  ヽ  ̄ ̄ ̄/ ヽ ヽ_ノ
    ̄ ̄ ̄ /  /ヽ__)
       (__ノ

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  美味い料理、貞淑な美女、豪勢な住居……etc

  突如として降って湧いた、都合の良い生活を満喫していた。

  地球での生活など忘却の彼方。
  色・金・酒の赴くままに遊び歩いて暮らす。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘




                   ___
                   / ノ   、 ヽ
                 / ̄     ヽ ヽ
               / 三三    三三 ',
                  /::::::⌒ (__人__) ⌒::::',
              {      |   |     j
               \   _`ー ´_ __ノ
            r<>==/7//≧≦///7==<>,
            !//ヾ三三シ´  ヾ三三三シ´//!
              l////≧''´     `==!´/////!
                l/////          ∨////j
              l////            !////ij
            !///{             !////
            ∨//i            }///
             ヾ/∧           _ノ//
               `7 /ーーー-‐ヽ ヾ=´
                !/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \!

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  地球での知識など、日本語解読以外で発揮する必要は無い。

  何故なら――

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

343 名前:システム ◆hh4F2FkVUA[] 投稿日:2014/08/30(土) 14:50:56 ID:0E8NaKuw0

                  _,, -ー辷二二二辷 ー- 、
              , イ´ 二 -ーー―――― -ミ - 、 `ヽ、
           ,ィ' 彡彳'''"´E M E R G E D ` ヽ 、 `ヽ、
         ///      __,,, -ー,=ー=、ー--- 、__    `ヾ、 ヾ\
       /// R   ., ィ'"´  _イ ィ- 、゙ト,__  フ ト 、 R   \ヾ\
      /イ / E   / ,, ィ、"´ノ、.{ 弋_,ソ ソ} ィニト,ヘ、  \ O  \ヾヽ
     // / W  / /ィ)、 トニーヾミ 彡"\二| _ィ、ヽ _ヽ、M .ヽヽヽ
    // / O / , イ ヾ彡イ,, -"´_α ̄ ゙'τー-、ヾヽート'"ヾ } \   ヾヽヽ
   // / P /  / ィノツ//σ _,-,、_,ィ―テ_,, -、 ε\ヾ〈イメ ヽ、 ヽ T ヘ ヘヘ
   ,'/ /   /イ7、´レツ /χ,,イ>-ヽっ  ぐイーゝ \νヽ ヽソーヘ-.ヘ H ', ',',
  ,'イ ,' T  ,' ∨ イフイ /η/ィ"´ ,、/"´ ̄`゙゙ヽ、  .ヘο',ヾ\乂ヘ ハ E ', ',',
  |{ .|l A ,'  / 乂Ⅵ ,'μ/イ イへ.  |乂|  へトド、ヘ.λ',ヾ| 乂}  }   }  }|
  {{ | E j,イ二二ヽ,| ,'π'ハヘ ∨   \.`´./  ヽ 从 lκ.l 〉 ィごヽ | M  } ||
  l| | R |{ ヘ   ハ} !κ{ {! レ、|    }  {    .|   .lξl ./\ト',| A | ||
  {{ | G '{込∨ ,シ | !ξ{ トヽ ヽ   /  \   イ、  .lι}. ド\/ツ| G } . !j
  l{ |    ',  トイ∨,ヘρ',ヾ ドヾゞ" /\ ン´゙゙  ,ィ,'π,' ,!ミ彡イ ,' .I  j j.|
  .',', ', E ハ ', 乂ヘ', ヘχヘ  イ_>ー-ー ≦ レ イ,/υ./ ,' イ フ 7  C ,' ,'}
   ',', ハ H ヘ ヽ"ジヘ、 ヘυ\ヽ トー< ̄二シ,, イτ / /辷 フ / A / /,'
   ',', ヘ T.  ヘ ヽ{ヾ丶 丶、θヽ`ニニ辷ニニ,, ´イα /, イ ィッ/ / L / //
    ヽヽヽ   ヽ トテ"トミヽ \η β ̄μ χ イ ,,イ トイ/ ,イ    ./ //
     ヾヽヽ G ヾl__>ミゝ>ト 、  ̄フ===、二 -‐イくィジ7_|/  S  イ //
      ヾヽ.ヽ N  \  ヽK辷 メ7 i―‐i ヘ、 辷メ__トイ  /  T  / //
       \\\  I  \ ヘ >- 、.《|__|》ツ-‐< / ,,イ  O  / /,イ
         ヾ \  T  ` ''ー-_ヾ三イ_ -ー"   N  / //
          ヾ  `ヽ、 . N E S E R P E R  S E , イ ,//
             `ヾ、  ` ヽ 、        ,, -ー '"´ ィイ/
                `ー 二三二二二二二二三ー'''"´
                      ̄ ̄ ̄ ̄

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  この異世界は、科学技術こそ「歯車とゼンマイ」レベルだが
  科学の代わりに魔法技術が非常に発達しており
  分野によっては、地球以上の成果を挙げている世界だからだ。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

344 名前:システム ◆hh4F2FkVUA[] 投稿日:2014/08/30(土) 14:51:16 ID:0E8NaKuw0

         ___
        / .u   \
      /((○)) ((○))\
/⌒)⌒)⌒).::::  (__人__) l_j :::\     /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|     | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒) U .| |  |    /   ゝ  :::::::::::/
|     ノ    | |  |    \  /  )  /
ヽ    /    └ー.┘    ヽ /    /

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  軍事・運輸・情報・農業・医療……etc

  あらゆる分野に、貴族である魔法使いが魔法を適用しており
  「チチンプイプイ」で問題を解決してしまうのだ。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘




      |  > 、       |   < ´ | \  _ ―
      |     `><、   ///   /.|     .|
      ∧   ><  / > / /   / / |      .|
       /.| / /  斗 ― テ ┼ ― 廴´ |     |
     /  .´ i  /   i    / ./   / /个 斗    /i  |
   /   ../ .ハ  .l    i ハ  /  / ./  i    / i |
 /    ../ / i  l     l 、廴_/ -云テ、 .|   l  i リ
./      / / i  .ハ   .l ハ::::::不丈丁ミ、 l   l .l l
       // ./ li  i.i   l l .i.乂:::::::::う     ',  |  l l
       ./ / .l .i l .マ  .lll .| .\ー ´_      ', |  /
         / / l l /\ .l | ハ   ̄         レ
         / /  ∧lハ ハ !  ハ.         !
        / / / / i レ  \l;;;;;;;>      ` ー ´
       ./ ./ / | /l ∧/   l∨;;;;;;;;;> 、       .<
      /  l / l l l  /   i  \i二>┘‐≧ー≦´|ヽ__
     ./   .ll  ヽ l\/   /二二∧ヘヘヘヘヘヘヘ∧
    /    .l     \.i   /―-/ i            ヽ
    /  / ̄ ̄ ̄ ̄‐.l  /: : : : : : .\ _ γ⌒ヽ  、/
   / . ./ : : : : : : : : : マ  l: : : : : : > ´    |::::: ::::|  ..`>
  / ./: : : : : : : : : : : ハ ⊥: : : : : : : > ´/ゝ __ノ.::> 、
 ./  /: : : : : : : : : : / ̄  i: : : : ´ /   ∧∧∧   >
../ . ./: : : : : : : : :/       >: /   / .i i. \


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  こうなると、一介の電気屋であるやる夫の出る幕など無い。

  そして、求められてもいない。

  やる夫はただ、優れた魔法文明の恩恵にあずかりつつ
  気ままに遊び歩いて暮らして、たまに国の要請に応える形で
  日本語で書かれた手記を音読するだけで良いのだ。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

345 名前:システム ◆hh4F2FkVUA[] 投稿日:2014/08/30(土) 14:51:32 ID:0E8NaKuw0

                   ____ 〃"
            "ミ/      \
               / ─    ─ \
             /   (●)  (●)  \
              |      (__人__)     |
           \     `⌒´    ,/
               /    ` ⌒´ ヽヽ, ) )"
        "( ( ( ヽ     /./
             \ \ ゛//  |   ガサゴソ…
             / / ヽ ~ \ `ヽ~\
            |            |
            |   工具箱    /
            ヽ______/

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  そうした退廃的で安穏とした生活に、すっかり慣れてしまったやる夫。

  地球での知識など、魔法を使えない平民を巻き込んで
  手遊びに趣味の電気工作をする時ぐらいしか発揮しない。

  だが――

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘




       l l.    //
       l l   //
      >' ´ ̄`ヽ、
     V      ! ニニ
     .! ./γ)  ,'
     .!X.. __/  ノ
.     X丶-/''' ´
    .`ー '

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  そんな、お粗末な出来の電気製品が――

  手回し発電機による、白熱電球やヒーターを始めとした「電気」の力が
  「ファンタジアース」に、これ以上無いくらいの衝撃を与える事になる……

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

346 名前:システム ◆hh4F2FkVUA[] 投稿日:2014/08/30(土) 14:52:08 ID:0E8NaKuw0

       ._,,. == __-- ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ヽ        \   \
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;><ヽ;;;;;;;/  イ ヽ             \
     /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/     ` '  // ヽ   _,,. -‐''" l ̄ -
     {;;;;;;;;;;;;;;;;/ / / l l //l  /ハ;;ゝ ';;;;;;ヽl  l_,,. ノ_,, ''l´
      ヽ;;;;;;;;;/ / / l  l 彡イ lリl k人;;;;;;;;;;;;;;;;;;リlハ l    {l  |__
       ゝ /// / l ll lヽ    ヽヽヽ;;;;;:::::::::::::::/;;ll l   l l  /
        /// / l lヘ l ヽ ヽ   ヽヽヽ::::::::::::::::::ノ/ll    { ∧|
      __ノll l l  l  ヘ  リ  ヽ  ト:::::`ヽ =-::::/::::/l ll   l丶 {
      ヘ、 l l l  ヘ  k l l ヽ }  {リ《 ̄z-z气ミ ///lノ ヘヽヽ ゝ
       ヘ/ l l ト  ヽヽ ll l  トl  ハヾ {;;0;;t  `ミ///  ∧∨:::::ヽ
          ヽヘヽヘ  l  j  j / j::::::::: 弋;;ノ  /ノ   /::::ヽ:::::::::
               l l /  jノ/ /::::::::::::::`====彡/  /:::::::::::::::::::::
            _,,.  イ /  // / l     u  / /{::::::l:::::::::/
      _,,. -‐''"´    l   / / {ヘ `  ィっ  イ/  / ヽ::::::::::l
      _,,. -‐''"´ノ /   ノ { ヽ , _,> _, イ /  /  >'/イ  /
      _,,. -‐''"´/   /::::/ ヽ- < /   /{  {/  l |  /彡
          /  //   /    /  ヘ  { l  {彡/  l | /彡
        /  / /   ∧  / /  ヘ  l l  { /   l /
      ⌒/   /{ {    l {  />/    ∧ ヽl  ∨ ,,-‐´__=--ノ
      /   /       ヽヽy イ-l     ヽ  ヽ  ヽ'   /;/ノ
      {   j         /- {  丶__ _,,. ;;;;;;;;; ヽ _ _ヽ /::::::::
      l   l        /  ヽ /  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;    マ    /
      ハ  l       /   /ヽミヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ヘ/  ヽ l /
       ヽ ヽ     /  / _,,. -‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;''l /    / /
        ヽ ヽ=--'   / /     ;;;;;;;;;;;;;;;'''' ll  )  / /
          ヽ --= ' /      ヾ='   ll- ' /  /


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  そう、魔法使い――貴族階級が扱う魔法が絶対の異世界において
  『魔法も火も使わずに、光や熱を【誰でも】作り出せる技術』、というのは革新的である。

  それこそ、「魔法と幻想の世界」における価値観を根本から覆す
  斬新な――斬新過ぎるモノだったのだ。

              イカヅチ
  ……その結果、「電気技術」の扱いを巡って
  無用な争いを呼んでしまうぐらいに。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

347 名前:システム ◆hh4F2FkVUA[] 投稿日:2014/08/30(土) 14:52:23 ID:0E8NaKuw0

              / ̄ ̄ ̄\
         /   _ノ ,、ヽ、_\
       /  ;;;(ー)::::::(ー);;\
       |    :;:,~(__人__)";::  |
          \、    ` ⌒′ ,/
        /         ::::i \
.       /  /       ::::|_/
       \/          ::|
          |        ::::|  キュム
          i     \ ::::/ キュム
          \     |::/
            |\_//
            \_/

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
    イカヅチ
  「電気技術」と、それを利用した知識・製品の争いに巻き込まれたストレスにより
  半ば憂さ晴らしのように、召喚された城下町を歩き回るやる夫。

  その結果、あまり治安が良くない場所まで足を踏み入れ、そこで見たものは――

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

348 名前:システム ◆hh4F2FkVUA[] 投稿日:2014/08/30(土) 14:52:33 ID:0E8NaKuw0

 F、二 ミ 、
  \ゝヽヽ ヽ                       ,r、∠フニ二丶
  _,ユ `i `、__                   /∨┬彡∧ \丶
  `ー-、 ゝ  \| `丶、             , ‐'´  , `ー─'  \ \ヽ
      `ト、  /j     `ト、         /'/'/ //!│ト、 、   \/'、
       |   ゝ' |     ヘ j\       // /i /|斗从 |ィ示ュァ jヘ  i   !
      ヽ.   `|    //   ̄\   レ1イ!| |ヘ イカ`-ゝ‐' ´レ1リ j j| ノ
        、   |     〈〈      \_ ._レ从ハ トゝ' _      'ク ル1 ∨
         '、 j    l |       `ヽ    ∨ヾト `    '-イ古  ゝ
         ゝ′     l l          \  !⌒ヽ\_, ∠ /    |i ヽ
          \    | l                ∧ヘ ̄丁 ¬ュ ィ,イ!ルリ
            丶 _j_j__         ヽヽ/  ゞヘ//   ||├¬7
                     ̄ ̄`\    \∨    \ミニ '⌒丶┤_
                         \_//     //\   ヘヘヘ
                           \/     //   \r'⌒ヾ、ゝ
                            /  ____//_    l |   ` ∧ヽ
                           // ̄ヘT'¬┬' ゝヽ  | |   ,.ィ/ ∨}
                         //    |i │!   `ヽ // r'ノ/   y!
                        `\    !!  | |     i |  f´ i    j
                          丶 _∧ ヾ 、    | |   j  イ


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  地球とは全く違う、魔法と魔法使いが絶対優位の
  政治・司法による身分差別――

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘




-‐== ̄ /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:./ |:.:.:.:.:./  \:.:.:.:.:.:.: ト、:.:.:.:.ト:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:./
:.:.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,i:.:.:.:.:/ |:.:.:.:./.     \.:.:.:.:.| \.:.|_ヽ:.:.:.:.:ヘ:.:V
:.:.:.:.:.:.:.:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.イ :.:. /  |:.:. /        \:.:.l _ィヽ|_\:.:.:.:',:.:',
:.:.:.:.:.:.:.:,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ |:.:.:./  |:../   ,    ゞーヽレ'", -‐- 、`ヾ、:.:.ト,:.|
:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:|:.:.}:.:.: _,ィ‐|: / .ニ‐レ--‐''゙      / / /t  ̄)ヽ 'iヽ! ト|
:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:|:.:li:.:.:. ,   |/'´-ー ミ ヽ         | i r'ー、  ̄l l |  ',
_≦ ィ:.:.:.|:.:l!:.:.:,' / / ,r弋 .ノ',.∧         | ヾ.__ィ.二´ノ _ノ   ',
    |:.:.:.:|:.:l:.:.:,  |  | ィ-、 ´) | }       ゝ- 二ニ    )   l
.     !:.:.:.:|:.ト.:.:i  |  i( __ノー ' ノ ノ            `ー‐'     i
.     |:.:,-ヘ| ヽ!  ヽ_ `ー ´r‐ '´  ___,.-‐-'ーヾヽ        }
    Y r‐、      (__ ノ    /         ∨ヘ         !\
.    {  { `i.             |           ∨ヘ      ,':.:.:.:ヽ
     ', ∨ヽ           |l             ∨ l      /:.:.| ̄
     ゝ ヽ、_)            |l            ∨i     イ:.:.: |
.     /:.:\                |l                ', l  /:.:.| ̄
  /:.:.:.:.:.:.:.:` ー‐' 、        |l                  i } ≦  ̄
 /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\      !            ___ノ////ヘ
   ̄ ̄|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.://` ‐-  ヘ    __ ..   <∧/////////ヘ
     |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.///////////ヽー‐        ∠/////////////ヘ


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  この異世界の歪な上下関係だった。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

349 名前:システム ◆hh4F2FkVUA[] 投稿日:2014/08/30(土) 14:52:49 ID:0E8NaKuw0

       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  ただ、遊び歩いて暮らしたかったやる夫が垣間見てしまった
  異世界のあまりにも暗い闇。

  見てしまった以上逃げられない、見なかったことには出来ない
  引き込まれそうな落とし穴……

  そして、幸か不幸かやる夫には、問題解決のために必要な「御子」としての地位も――
  異世界においては切り札となる、「電気(≒科学)技術」もあった。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

350 名前:システム ◆hh4F2FkVUA[] 投稿日:2014/08/30(土) 14:53:00 ID:0E8NaKuw0

         ____
       /     \
      / \   / \
    /  (●)i!i!(●)  \
    |  u , (__人__)    |
    \    .`⌒´    〆ヽ
     /          ヾ_ノ
    /rー、           |
   /,ノヾ ,>         | /
   ヽヽ〆|         .|


┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  こうして、ただの電気屋でしかないやる夫は
  異世界の価値観に、真っ向から喧嘩を売る事になる。

  頼れるモノは、地球から召喚された際に
  やる夫のついでのように巻き込まれて来た、工具・電子部品。

  そして、自分が積み上げてきた電気の知識・経験だけである。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

351 名前:システム ◆hh4F2FkVUA[] 投稿日:2014/08/30(土) 14:53:12 ID:0E8NaKuw0

          _,, -==ー-、 ̄/                         l
       /.〃 y ⌒ヽ.r、 ヽ{                          l
   u  / ./      '  ヽ ゝ                        /
       | / ,        ノ⌒ヽ           |         /
       |し'| ./`!        ヽ        /        /
       |  `ー'  | /|      ヽ_    _/       ヽ /
       |       `´  ヽ          ̄ ̄T          l'
       |   ,、          、       ヽ、          ノ
  u    \ー' !          ー - 、    丶、__   /
           .\`ー-‐1__         `丶、    /,ィー'´
            ̄ ̄ ̄`丶、         メ __ ノ' /
                  `丶、_.     ヾ/ /
ヽ          u           `丶、  / /
  ヽ                      `ヽ   ヽ_/ /
   \                            /`ヽ、

┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐

  これは、おっかなびっくりながらも、自分の持ちうる知識と技術で
  異世界の価値観に弓を引く、一人の電気屋の物語である。

└――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

352 名前:システム ◆hh4F2FkVUA[] 投稿日:2014/08/30(土) 14:53:41 ID:0E8NaKuw0

                  _,, -ー辷二二二辷 ー- 、
              , イ´ 二 -ーー―――― -ミ - 、 `ヽ、
           ,ィ' 彡彳'''"´東 風 吹 か ば  ` ヽ 、 `ヽ、
         ///      __,,, -ー,=ー=、ー--- 、__    `ヾ、 ヾ\
       ///     ., ィ'"´  _イ ィ- 、゙ト,__  フ ト 、 匂  \ヾ\
      /イ /    / ,, ィ、"´ノ、.{ 弋_,ソ ソ} ィニト,ヘ、  \    \ヾヽ
     // /    / /ィ)、 トニーヾミ 彡"\二| _ィ、ヽ _ヽ、ひ ヽヽヽ
    // /   / , イ ヾ彡イ,, -"´_α ̄ ゙'τー-、ヾヽート'"ヾ } \   ヾヽヽ
   // / 真 /  / ィノツ//σ _,-,、_,ィ―テ_,, -、 ε\ヾ〈イメ ヽ、 ヽ を  ヘヘ
   ,'/ /   /イ7、´レツ /χ,,イ>-ヽっ  ぐイーゝ \νヽ ヽソーヘ-.ヘ   ', ',',
  ,'イ ,' 道 ,' ∨ イフイ /η/ィ"´ ,、/"´ ̄`゙゙ヽ、  .ヘο',ヾ\乂ヘ ハ こ , ',',
  |{ .|l   ,'  / 乂? ,'μ/イ イへ.  |雷|  へトド、ヘ.λ',ヾ| 乂}  }   }  }|
  {{ | 原 j,イ二二ヽ,| ,'π'ハヘ ∨   \.`´./  ヽ 从 lκ.l 〉 ィごヽ | せ } ||
  l| |   |{ ヘ   ハ} !κ{ {! レ、|    }  {    .|   .lξl ./\ト',|   | ||
  {{ | 菅 '{込∨ ,シ | !ξ{ トヽ ヽ   /  \   イ、  .lι}. ド\/ツ| よ } . !j
  l{ |    ',  トイ∨,ヘρ',ヾ ドヾゞ" /\ ン´゙゙  ,ィ,'π,' ,!ミ彡イ ,'   j j.|
  .',', ',   ハ ', 乂ヘ', ヘχヘ  イ_>ー-ー ≦ レ イ,/υ./ ,' イ フ 7 梅 ,' ,'}
   ',', ハ   ヘ ヽ"ジヘ、 ヘυ\ヽ トー< ̄二シ,, イτ / /辷 フ /   / /,'
   ',', ヘ    ヘ ヽ{ヾ丶 丶、θヽ`ニニ辷ニニ,, ´イα /, イ ィッ/ / の / //
    ヽヽヽ そ ヽ トテ"トミヽ \η β ̄μ χ イ ,,イ トイ/ ,イ    ./ //
     ヾヽヽ   ヾl__>ミゝ>ト 、  ̄フ===、二 -‐イくィジ7_|/  花 イ //
      ヾヽ.ヽ れ \  ヽK辷 メ7 i―‐i ヘ、 辷メ__トイ  /    / //
       \\\    \ ヘ >- 、.《|__|》ツ-‐< / ,,イ  主 / /,イ
         ヾ \  忘  ` ''ー-_ヾ三イ_ -ー"       / //
          ヾ  `ヽ、 .  な 春 て と し な   , イ ,//
             `ヾ、  ` ヽ 、        ,, -ー '"´ ィイ/
                `ー 二三二二二二二二三ー'''"´


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓


  【学ぶ系?】やる夫はイカヅチの御子と呼ばれるようです【異世界】


  ttp://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/otaku/12973/1409374177/


  プロローグ投下済み 8月30日(今日)の20時半より、第一話投下開始


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

353 名前:システム ◆hh4F2FkVUA[] 投稿日:2014/08/30(土) 14:54:00 ID:0E8NaKuw0

以上です。 かなり前の嘘予告を形に起こしてみました。
明らかに某悪魔スレの影響を受けた物語ですね。

内容的には、学ぶ系と異世界召喚系が
半々ぐらいの比率になると思います。

それでは、どうもお目汚し失礼しました。

354 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/08/30(土) 15:04:31 ID:CYK2tLi20


355 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/08/30(土) 15:06:10 ID:yGXkuwXI0
おぉ絶対見に行くぜ乙!!

356 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/08/30(土) 15:06:58 ID:Xq0wSBwY0
乙です
こういうのは大好きだ、楽しみにしてます

357 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/08/30(土) 15:08:21 ID:BcVWME.U0
乙乙
一芸持って転生系は好きだぜ

358 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/08/30(土) 15:13:49 ID:u4JjfiNk0

おお、これ前にも見たけどスレやるのか

359 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/08/30(土) 15:15:31 ID:/o2dw7Zw0
不細工連呼されててワロタw

360 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/08/30(土) 16:21:54 ID:3z8Wniq60
何か、某名前呼んじゃいかん御方が歓喜しそーな世界だなぁ。

361 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/08/30(土) 17:33:01 ID:Nt4U2CPM0
不細工の連呼は幼稚臭いが話は面白そう

362 名前:名無しのやる夫だお[sage] 投稿日:2014/08/30(土) 17:42:31 ID:RI6fkluI0
乙でした。
電気・機械系で外見で弾かれるって相当だなw



関連記事

[ 2014/09/02 16:00 ] 【宣言所】 宣言所 60 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yarucombox.blog.fc2.com/tb.php/910-65c1f8b3


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。